国の財政が破綻したらどうなる?(前編)

こんにちは。音速のGOXこと半角のジョソレノソです。

円、そして日本財政の危機の記事が非常に読まれています。

JPY(円)がICOしたら???

JPY()の忘れられた過去

薄々と不安を感じているのでしょうか。

ジョソレノソは不安を煽るためではなく、来るべきときに向けて準備をしてほしいと思いながら記事を書いています。

『数十年、破綻していないのに今後も破綻するわけがない!笑』とのリプが必ずつきますが、

“愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ”

という言葉があります。

数十年生きた人の経験上は破綻は起こってないからといって、歴史的に頻繁に起こってる財政破綻が今回も起こらないというのはなかなか面白い思考だな、と思います。

また、「日本が1946年に財政破綻したのは戦争だったからで、今は戦争状態にないから財政破綻するわけがないw」というリプもよくあります。

これは因果関係を混同している思考なのでしょう。

1946年の破綻が戦後だった=戦争で経済破綻した

という理屈なのだと思います。

もちろん違いますよね。戦争は日本財政を逼迫させた原因で、破綻したのは財政が持たなかったためです。

そして、今の日本。戦争はもちろん起こっていません。でも、財政は逼迫し最後の自転車操業に入っている段階です。利息だけで収入のほとんどをつかってしまうから、金融緩和で無理やり金利を引き下げて先延ばししている構図ですね。

もう誰が国の財政を運営してもそれしか手はないのです。あとはゲームセットを迎えるのを先延ばしにするだけ。

そして、このブログで過去の日本や他国で起こった事実を紹介しているのは、ゲームセットを迎えるにあたって個人が避ける手段がないかと考えて欲しいため。

前置きが長くなりましたが、今回は実際に財政破綻が起こった国がどうなったか、と紹介します。

もちろん戦争は起こってない国を取り上げますw

戦争しないと破綻しないというリプはごめんですからね。

さて、取り上げるのはロシアです。

ロシアの前身であるソ連は1991年に突然崩壊します。

社会主義国の盟主として民主主義の盟主アメリカを覇権を争っていたソ連ですが、相対的に貧しくなり国民の不満が体制に向かう中、1986年にあのチェルノブイリ原発事故を起こしてしまいます。

そして、5年後国民の不満を抑えることができるにあっさりと歴史に幕を閉じることとなります。

本題とは外れるので、ソ連についてはここまでにしましょう。

ソ連が崩壊してからもロシアは苦境が続きます。

日本であった定額給付金のような「バウチャー」と言われる金券を国民に配ったりして経済成長を図りますが、経済は好転せずロシア財政は傾いていきます。

経済は好転せず苦しくなるばかりのロシア政府ができることは、ルーブルを発行しまくって凌ぐだけ。

あれ?!何か日本がやってることに似てませんか?!w

日本との違いは、日本は日銀の当座に積み上がるだけ。ロシアは市場にルーブルが流れました。

すると、数が増えると当然の帰結は、価値の薄まり=ルーブルの暴落です

ソ連崩壊の翌年の1992年の物価は26倍。1993年は235倍の物価となってしまいました。

そして、ロシアとなった後の1997年にはなんとソ連崩壊直前物価から2,400倍!になります。

その後は財政破綻した国のパターンを辿ります。

  • ロシア国債のデフォルト(債務不履行)

  • 銀行は預金封鎖で貯金は国が没収

  • ルーブルが1ドル=1ルーブルから1ドル=24,000ルーブルに大暴落

  • 物価はソ連崩壊直前から4,400倍に

仮想通貨以上の暴落ですねw

でも、実際に起こったことなのです。

少し長くなりました。空前のインフレに見舞われたロシア国民の生活はどうなったでしょうか。

続きは次回に書きたいと思います。

では。

↓をクリックしていただくと励みになります(∩´∀`)∩
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング
 

広告

リップル・ストーリー~BitMex Reseach

こんにちは。音速のGOXこと半角のジョソレノソです。

今回はBitMex Reseachのリップル・ストーリーという記事が興味深かったので和訳して紹介します。Google先生に頼った和訳ですので、精度は保証しませんw

また、記事は抜粋しています。

要約:この記事では、Rippleの歴史を簡単に見て、XRPについての創業者とパートナー企業の間のさまざまな争点を調べます。次に、リップルの背後にある技術の要素を探ります。Rippledノードのデフォルト動作では、Ripple.comサーバーへの元帳の更新を完全に制御できるため、明らかな分散コンセンサスメカニズムは明確な目的には役立たないと結論づけます。したがって、私たちの見解では、Rippleは少なくとも技術的な観点からBitcoinやEthereumのような暗号トークンと興味深い特性を共有しているようには見えません。

Jed McCaleb(左)は2011年にRippleに入社しました。Chris Larsen(右)は2012年に入社しました。(出典:BitMEX Research)

前書き

2017年1月4日、Ripple(XRP)の価格は3.31ドルの最高値に達し、2017年の開始以来51,709%の驚異的な増加となりました。これは、時価総額3310億ドルを示し、Google、Apple、 Facebook、Alibaba、Amazon – 世界最大のテクノロジー大手。Forbesによると、Rippleの執行役員Chris Larsen氏は、同社の17%を所有し、ピーク時に約500億ドルのXRPを51.9億支配し、世界で最も豊かな人の1人になっています。この驚異的な評価にもかかわらず、市場参加者の多くは、リップルの歴史やその背景にある技術についてあまり知らないようです。この記事では、Rippleの歴史を概観し、技術的な基礎をいくつか見ていきます。

リップルの歴史

RipplePay:2004年から2012年

Ryan Fugger氏は、2004年にRipplePayという会社を設立しました。このプロトコルの背後にある核心は、銀行を置き換える金融関係のピアツーピアの信頼ネットワークでした。

同社の存在期間中のRipplePayロゴ。

RipplePayの基本的な理論は次のとおりです。

  • すべての銀行は、ローンを作り、受け取っています。銀行預金は、顧客からの銀行への融資です。
  • 従来の銀行システムにおけるBobからAliceへの支払いは、銀行に対するそれぞれの貸出残高の更新であり、銀行へのBobのローンはわずかに減少し、Aliceはわずかに増加しています。
  • RipplePayは、個人がお互いに直接融資することができるピアツーピア信託ネットワークを構築することによって銀行を置き換えることができ、これらの融資残高の変更により支払いが可能になると主張した。
  • 支払いは、システムが支払人から受取人までの関係のパスを見つけることができれば、これらのローン残高への更新だけです。

この例では、ラインナップの右端の人が一番左の人に$ 20の支払いを行います。支払人と受取人はお互いを直接信用していませんが、支払いは、6人の信頼できる関係によってリンクされている7人の偽造された告訴状連鎖を通して移ります。(出典:Ripple.com)

ネットワーキング・アーキテクチャは、ライトニングネットワークの背後にあるアイデアと似ているわけではありませんが、カウンターパーティーのリスクを除いて、ライトニングは回避します。我々の見解では、このモデルは不安定になりがちであり、信頼ネットワークは信頼性が高いとは考えられないため、その有効性は確信しています。システムはいくつかの大銀行に集中し、既存の金融システムとは十分に異なるものではないか、あるいは定期的なデフォルトになる可能性があります。しかし、現在のリップルシステムは、このオリジナルのアイデアとはまったく異なります。

2011年の初めに、Bitcoinはいくつかの重要な牽引力を得ており、Rippleのターゲット人口統計の注目を集めるようになりました。ある程度BitcoinはRippleが失敗した場所で成功し、Rippleの優れたアーキテクチャであると思われるものを使ってピアツーピア決済ネットワークを構築しました。2011年5月、Bitcoinのパイオニア初期のJed McCaleb氏がRippleに参加し、おそらくこれらの懸念の一部に対処しました。

McCalebがプロジェクトに参加した後の2011年6月のこのビデオでは、Rippleの哲学とアーキテクチャについて説明しています。

Bitcoinの成功に取り組むため、RippleはBitcoinの決済を可能にする計画を立てていました。この期間はまた、リップルゲートウェイの立ち上げを示した。コミュニティは、ピアツーピア構造が正常に動作していないように見え、通常のユーザーは取引相手を信頼してネットワークを支払いに使用できるようにすることを望んでいませんでした。これに対処するために、Rippleは多くのユーザーが信頼できる信頼できる大企業であるゲートウェイを形成することに決めました。これは、伝統的な銀行と財務とのピアツーピアネットワークとのハイブリッドシステムである妥協案であると言われています。

リップルゲートウェイの仕組み (出典:Ripple.com)

XRPトークンの開始:2013年1月

Rippleは2013年1月にXRPコインをリリースしました。Bitcoinと同様に、XRPは公開署名の連鎖に基づいており、最初の信頼またはゲートウェイ設計のWebを必要としませんでした。XRPは、リップルのすべての通貨に使用されている方法であったゲートウェイやカウンターパーティのリスク(USDを含む)なしで、ユーザーからユーザーに直接送信することができました。Rippleはおそらく、XRPが取引費用を支払うなどのために、信託構造のウェブと組み合わせて使用​​される予定です。同社は、XRPの供給を1000億ドルの高水準に設定した。これはリップルが急激な価格上昇を防ぐのに役立つと主張している。批評家は、XRPトークンがネットワークの必須コンポーネントではない可能性があると主張しました。

2014年2月、Rippleは2014年8月に残高凍結機能を実装しました。これにより、Rippleゲートウェイは、取引の有効な署名がなくても、ゲートウェイのユーザーからコインを凍結または没収することができました。この動機は、ゲートウェイが規制要件に準拠することを可能にすることであると言われています。例えば、資金の没収を要求する裁判所命令。ゲートウェイのデフォルト設定では、フリーズ機能を有効にしていましたが、この機能を使用してゲートウェイをフリーズまたは没収することができないように、ゲートウェイは「NoFreeze」フラグを使用してこのオプションを無効にすることができました。当時の最大のゲートウェイBitstampはフリーズ機能をオプトアウトしませんでした。

2015年5月、米国の規制当局は、要求された権限を取得せずにXRPを売却することにより、Bank Secrecy Actに違反してRipple Labsに70万ドルの罰金を科しました。リップルは、救済措置にさらに合意しました  。その中で最も厄介なのは以下に要約されています。

  • Ripple LabsはFinCENに登録する必要があります。
  • Rippleがこれ以上XRPを払わない場合、その受信者は自分のアカウント情報を登録し、Rippleに識別情報を提供する必要があります。
  • リップルはAML規則を遵守し、準拠責任者を任命しなければなりません。
  • リップルは外部監査の対象となる必要があります。
  • リップルは、リップル取引や資金の流れを分析できるデータやツールを規制当局に提供しなければなりません。
リップル:2015年10月現在

2015年10月、同社はRippleに社名を簡略化しました。

現在のリップルのロゴ。(出典:Ripple.com)

2016年9月、Rippleは、日本を代表するオンライン小売株式仲介会社SBI Holdings(8473 JP)によるラウンドリードで、5,500万ドルの資金調達を行った。SBIはリップルの株式10.5%を取得しました。これはSBIの暗号化への広範な投資の一部です。SBIリップル・アジアは、  SBIの60%、リップルの40%が所有している。同社は、リップルの「分散型金融技術」を使って決済プラットフォームを提供することを望んでいる。

2017年9月、別のブロックチェーン会社R3がRippleを提訴しました。R3は2016年9月にRippleが2019年9月までに行使価格$ 0.0085で50億XRPを購入することを合意したと主張した。このコールオプションの本質的価値は約165億ドルであった。R3は、2017年6月にリップルが契約を解除したと主張している。その後、Rippleは、多数の銀行顧客にリップルを導入したり、これらの銀行システムでの使用についてXRPを促進しなかったりすることによって、R3が元の2016年契約の側を尊重しなかったと主張して反対訴訟をおこした。2018年2月現在、この案件は未解決です。

リップル供給と会社準備

Rippleが設立されたとき、XRPトークン1000億個が作成され、その中に800億のトークンが割り当てられ、3人の創設者に200億ドルのトークンが与えられました。これらのトークンの分布の概略を以下に示します。
  • リップル社は80億XRPを受けました。
  • クリスラーセンは95億ドルを受け取った。
    • 2014年に、ラーセンはこの90億ドルの70億XRPを慈善基金に入れることを約束しました。
  • Jed McCalebは95億ドルを受け取った。リップルを離れると:
    • McCalebは60億を保持した(ロックアップ契約の対象)。
    • マッカレブの子どもたちは20億ドルを受け取った(ロックアップ契約の対象)。
    • 慈善団体やMcCalebの他の家族には15億ドルが授与された(ロックアップ契約の対象外)。
  • Arthur Brittoは10億を受け取った(ロックアップ契約の対象)。

McCalebがRippleを去ったとき、XRPを市場に叩き売る可能性がある、あるいは彼のXRPを破棄して価格を落とす可能性があるという懸念があった。McCalebとRippleは、XRPの販売を制限することによってこれを防ぐため、次の合意を締結しました。この契約は、リップルが最初の条件に違反したとMcCalebを告発した後、2016年に改訂された。

2014年合意
  • McCalebの売上高は、初年度には1週間に10,000ドルに制限されています。
  • セールスは2年目、3年目、4年目に週20,000ドルに制限されています。
  • 売上高は、5年目と6年目に年間750百万XRPに制限されています。
  • 7年目の売上は年間10億XRPに制限されています。
  • 7年目以降、売上高は年間20億XRPに制限されています。

リップル社が保有している800億ドルのXRPについては、このバランスを売却または譲渡し、資金を使って企業運営資金を調達し、それを使ってグローバルな送金口座を開設する計画でした。リップルのwikiは次のとおり。

XRPは低下させることはできません。リップルネットワークが作られたとき、1000億のXRPが作成されました。創業者たちは、Ripple Labsに800億XRPを与えました。Ripple LabsはRippleソフトウェアの開発、Ripple支払いシステムの推進、XRPの譲渡、XRPの販売を行う予定です。

同社は、2014年12月から2015年7月まで、自社ウェブサイト上に保持していたXRPの金額、流通量、および会社運営に費やした金額を間接的に(予備金を挙げて)開示した。同社は、売却したものと無償で譲渡したものとを区別しなかった。2015年6月30日の開示内容を以下に示す。

Rippleは、2015年7月現在、このセクションをWebサイトから削除したようです。この方法で公開されたすべての情報を分析しました。現在、12人のデータポイントが、現在の最高責任者David Schwartz( JoelKatzという名前でオンラインになり、10億XRPを持っていたと言われているRippleの技術の主な建築家)。次の図は、計算したXRPの配賦または支出を示しています。

2013年から2015年までのXRP保有額 – 十億。

XRPの分配(パートナーへの販売額とXRPの払い戻し額)とXRPの企業運営費 – 十億ドル。十字は、情報が入手可能な点を表します。私たちは、なぜ企業活動に費やされた金額が2015年末に向けて減少するように見えるのか不明です。


このデータは、2013年1月から2015年7月までにRippleがXRP 125億を販売または配布したことを示しています。XRPの販売数、販売価格、販売数は決定できませんでした。同社は、2014年3月から2015年7月までの間に、少なくとも40億台のXRPを会社運営に費やしましたが、これが何を費やしたのか、またこの期間外に費やしたXRPの量についての詳細はありません。我々の見解では、この問題に関連する開示は弱い。

会社設立者間の紛争

上記で触れたように、McCalebは最高の条件で会社に参加しませんでした。2014年5月、リップルの早期投資家、Jesse Powell は説明しています。

ジェイドの出発以来、同社の経営陣は異なる方向を示しています。悲しいことに、Jedと私が初期のプロジェクトで持っていたビジョンは失われました。私はもはや管理者や、創業者がXRPの20%を自分自身に割り振っていたことから回復する能力に自信がなくなっています。JedのRippleからの出発前に、私は創設者にXRPを会社に返すように依頼しました。ジェッドは同意したが、クリス[ラーセン]は辞退し、膠着状態を残した。今日の午後、JedがオープンしていたChrisが敵対的であったところで、私は割り当ての議論をもう一度やり直しました。

リップルはパウエル に対して、リップル役員としての義務に違反して、虚偽の名誉毀損の情報を広めていたと答えた。手紙には、

実際、クリスはあなたとジェイドとの議論で以前に述べたように、創業者のXRPのほとんどをリップル・ラボに戻してきました。
パウエルはラーセン氏が彼のXRPの一部だけを会社に返すと反論し、それを返済するのではなく、これはローンになるだろうと反論した。パウエルは、創設者に与えられた200億のXRPと、リップルの形成に関する状況をどのように見ているかを説明することで、この手紙を終わらせます。
Jedと私は2011年の9月にRippleから始めました。私はChrisが2012年8月頃に参加したと思います。Chrisに参加する前は、2人の投資家がいました。ジェッドとクリスがXRPを割り当てた時期はわかりませんが、2012年の9月に設立されたと言われています。私の見解では、初期の投資家の承認なしにXRPを取った時、他の株主の間で配分を共有することはありません。Opencoinを組み込む前に彼らが割り当てたコインはどれも、私は放棄されたと信じています。2012年9月から2012年12月までにいくつかの元帳の再設定が行われており、会社のリソースを使ってOpencoinによって構築された新しいバージョンのRippleが登場しました。JedとChrisがBetacoinを保存するために古いソフトウェアを実行し続けても、私は問題ありません。残念ながら、JedとChrisは2012年12月に再びXRPを割り当てました。そのXRPはJedとChrisによって会社に贈られることは間違いありませんでしたが、会社の存在以前は存在せず、会社のリソースで生成されました。そのXRPはいつも会社に属していて、それはJedとChrisの会社から取ったものです。私は彼らに盗んだものを返すように求めています。
パウエルはリップルフォーラムの状況についてコメントした。
ボードと投資家は長いことそれについて知っていました。私はそれについて知ったので、XRPを返すように彼らを微調整していた。ジェイドはいつも喜んでいたが、クリスはなかった。ジェッドは、より積極的にクリスに自分の部分を返すように説得するために、レバレッジが必要だった場合には、彼の分担を維持した。それは定期的な議論の話題ではなく、クリップがリップルのイメージと養子縁組にもたらしたダメージを把握したときに私が想像したことだけでした。もし私の目標が公平な分担を得ることだったら、私はおそらくより積極的だっただろうが、結局それが最終的に会社に戻されると思っていただけだ。私は現金補償の代わりに、または株式の代わりに支払われる少量のXRPに同意することができましたが、他の人のように市場レートでXRPを購入したはずです。

同社は、マーケティングVPモニカロングを通じて、次の約束とパウエルの継続的な世論の圧力について答えた。

さらに、共同設立者でCEOのクリス・ラーセン氏は、70億ドルのXRPを寄付するために基金の設立を許可しました。この計画は以前開発されていましたが、すべての創業者の間の正式な合意とは無関係に加速され、最終決定されています。彼はこれが正しいことだと思うし、会社のより広いビジョンを追求するためにさらなる気晴らしを取り除く最善の方法だと考えている。財団、その独立した取締役、および贈与の詳細は今後発表される予定です。

上記の反応は、Rippleコミュニティ内に構築されていたRippleとLarsenに対する圧力をそらすように見えました。セットアップされた基礎はリップルワークスです。2015年4月に終了した事業年度および2016年4月に終了した事業年度の米国税務申告書を見直し、XRPの寄付を下記に示します。

日付 ドナー 金額(XRP)
2014年11月 クリスラーセン 2億
2015年4月 クリスラーセン 500万
2015年7月 クリスラーセン 500万
2016年11月 リップル株式会社 1000万

コミットメントの2年後の2016年4月現在、Larsenは約束した70億XRP総額のうち、少なくとも12億XRPを基金に与えたようです。2017年4月に終了した年度は、まだ入手できない可能性があるため、充填物を入手することができませんでした。

紛争とBitstamp Ripple凍結事件

2015年に、Rippleは2014年8月に制定されたRippleフリーズ機能を利用しました.Bitstampゲートウェイは、Jed McCalebの家族に属する資金を凍結しました。リップル氏は元々、ゲートウェイが法令執行機関の命令に従うことを可能にするために凍結機能が実装されていると述べていましたが、機能の最初の実際の使用は、Ripple社からの指示創業者の一人。

McCalebの家族は、Rippleに戻って約1百万ドルで9600万XRP(おそらく他の家族に与えられ、ロックアップ契約の一部ではない20億XRPの一部)を売却したと思われる。RippleがXRPをUSDに買収した後、RippleはBitmapにRippleフリーズ機能を使用して、トークンを購入したばかりのRippleを没収するよう求めていたようです。2015年にBitstampはRippleとMcCalebの両方を裁判所に連れて、最高の行動方針を決定しました。

裁判所の文書は以下を明らかにする:

  • McCalebは55億XRPを保有していた。
  • McCalebの2人の子供は20億のXRPを抱えていた。
  • 慈善団体や他の家族が15億ドルのXRPを実施しました。
  • 2015年3月、McCalebの親戚であるJacob Stephensonは、XRPを9600万ドルでRippleに売却することを提案しました。
  • Rippleは、 “市場を操作して”取引のXRPあたりの価格を不適切に膨張させ、他の購入者を誤認させる “という複雑な取引で、Stephensonから9600万XRPを購入することにほぼ100万ドルを支払うことに同意した。その一環として、Rippleはコストを上回り、Stephensonに超過額75,000ドルを返すよう頼んだ。
  • Bitstampの最高法務責任者はリップルの顧問でもあり、利害の衝突があった。

McCalebとRippleの間の紛争は、McCalebが2014 XRPロックアップ契約に違反したことを意味する同社が最終決済に達したと述べた2016年2月の最終決着まで続きました。

Jedは、2013年6月にOpenCoinだったときにRippleを元に戻しました。その後、Rippleの戦略や運用には何の役割も果たしていません。しかし、彼はXRPと会社株式の重要な株式を保有していた。2014年8月に、JedがXRPを販売できるタイムテーブルと制限を定めたロックアップ契約の条件を共有しました。この合意の目的は、リップル生態系にとって建設的な方法で彼のXRPの配布を確実にすることでした。2014年4月以降、Jedは2014年契約の違反と関連して継続中の法的措置に参加しています。

McCalebはこれに答え、最終的な合意にも満足していることを示しました。

今週はまた、長年の問題の終わりが見えます。ステラと私は最終的に両当事者の間で進行中の紛争でリップルとの和解に達しました。和解は、リップルの主張は全く根拠がないことを示しています。RippleはStellarと引き換えに認められ、私は訴訟を和解することに同意した。

最終合意の下で、マッカレブの家族の100万ドルは凍結されず、リップルはすべての法的手数料を支払うことに同意し、20億のXRPは慈善団体への寄付で解放された。McCalebは残りのXRP、おそらく50億XRPを売ることが自由になり、以下の表の条件と一致します。

2014年合意 2016年改訂版合意
  • McCalebの売上高は、初年度には1週間に10,000ドルに制限されています。
  • セールスは2年目、3年目、4年目に週20,000ドルに制限されています。
  • 売上高は、5年目と6年目に年間750百万XRPに制限されています。
  • 7年目の売上は年間10億XRPに制限されています。
  • 7年目以降、売上高は年間20億XRPに制限されています。
  • McCalebは慈善団体に20億XRPを寄付しなければなりません
  • McCalebは53億XRPの所有権を保持しなければならない。ただし、Rippleは資金を管理します。
  • McCalebとその慈善団体は、平均的な1日のボリュームの次の割合を集合的に販売することができます:
    • 最初の年で0.5%
    • 2年と3年で0.75%
    • 4年目は1.0%、
    • その後1.5%。

リップルコンセンサスプロセス

コンセンサスシステム

リップル技術はいくつかの反復を経てきたようですが、リップルのマーケティングの中核部分はコンセンサスプロセスです。2014年に、リップルは以下のイメージを使用してコンセンサスシステムを説明しました。これは、一定のクォーラム条件が満たされている場合、サーバーが提案とノードでこれらの提案のみを受け入れるという反復プロセスのようです。サーバーの80%のしきい値はキー・レベルとみなされ、このしきい値を超えると、ノードは提案を最終と見なします。イメージはプロセスの複雑さを示しており、BitMEX Researchチームはシステムの詳細な内部動作やコンセンサスシステムに必要な収束特性をどのように持つかを理解することができません。

2018年1月、BitMEXリサーチチームが、このレポートの目的のためにRippledのコピーをインストールして実行しました。ノードは、以下のスクリーンショットに示すように、サーバーv1.ripple.comから5つの公開鍵のリストをダウンロードすることによって操作されました。5つのキーはすべてRipple.comに割り当てられています。ソフトウェアは、5つのキーのうち4つが受け入れられるようにプロポーザルをサポートする必要があることを示しています。キーはRipple.comサーバーからすべてダウンロードされたので、Rippleは本質的に元帳を前方に移動することを完全に制御しているため、システムが集中化されていると言えるでしょう。実際に、私たちのノードは、キーが新しいスクリーンショットの後数日で2月1日に期限切れになることを示しています。新しいキーセットをダウンロードするには、Ripple.comのサーバーを再度訪れる必要があります。

操作中のRippledのスクリーンショット 

もちろん、集中型システムには何も問題はありません。圧倒的多数の電子システムが集中化しています。集中化により、システムの構築が容易になり、効率的で、高速で、実行するのが安くなり、他のシステムとの統合が容易になります。しかし、以下のイメージのように、Rippleのマーケティングによっては、Rippleシステムが配布されていると主張しています。

潜在的な誤解を招くマーケティングに加えて、クォーラム・プロセスと80%のしきい値を含む構築は必要ではなく、難読化に追加するだけです。Rippleのディフェンダーは、5つの公開鍵のリストがカスタマイズ可能であると主張しています。手動で設定ファイルを編集し、必要な鍵をタイプすることができるからです。確かに、リプルウェブサイトには、そのようなバリデータのリストがあります。しかし、Rippleの多くのユーザーがこの設定ファイルを手動で変更するという証拠はありません。

ユーザーが構成ファイルを変更する場合でも、これはあまり効果的ではありません。この状況では、システムが1つの元帳に収束すると想定する特別な理由はありません。たとえば、1人のユーザーが5つのバリデーターに接続し、別のユーザーが5つの異なるバリデーターに接続できます。各ノードは80%のしきい値を満たしていますが、2つの競合する元帳があります。サーバーのグループの80%のクォーラムのしきい値には、われわれが理解できる限り、コンバージェンスまたはコンセンサスのプロパティはありません。したがって、我々はこのコンセンサスプロセスを潜在的に不要と考えている。

元帳の検証

コンセンサスプロセスは一元化されていますが、ユーザーノードがすべての参加者からのトランザクションデータを引き続き検証できると主張できます。これは何らかの保証を提供すると言える。ただし、元帳を前方に移動することが集中的なプロセスである場合、リップルサーバーはローカルノードが拒否する無効な提案を受け入れると、ノードは前進することができなくなります。したがって、この検証は価値が限られており、リップルは元帳を大幅に管理すると主張することができます。

明らかに、Rippleには元帳の開始から32,570ブロックがありません。ノードはこのデータを取得できません。これは、チェーン全体とRippleの元々の1,000億回のXRP起動の完全な経路を監査できない可能性があることを意味します。これは、初期の期間に元帳の再設定が行われた可能性があることを示すパウエルのコメントを考慮すると、特に懸念される可能性があります。

これは、平均リップルユーザーのためのものを意味するものではありません。2013年1月、Rippleサーバーのバグにより、元帳ヘッダーが失われました。実行中のすべてのRippleサーバーからのすべてのデータが収集されましたが、元帳を構築するには不十分でした。生の取引はまだ生き残り、他の取引と混ざり、どの取引が元帳に入ったかについての情報はありません。元帳見出しがなければ、元帳を簡単に再構築することはできません。元帳Nを作成するには、元帳N-1のハッシュを知る必要があります。これは物事を複雑にします。

デビッド・シュワルツが欠損ブロックの重要性を説明している

結論

このレポートの多くは、盗難の告発を含むXRPの管理に関する主な紛争に焦点を当てています。おそらく、特にそのような紛争は、生態系の価値の急速かつ予想外の成長を考えると、それほどユニークではない。実際、この紛争の話は、この作品の紹介で言及した大規模な技術巨人のものとあまり変わらないかもしれません。

紛争よりも重要なことは、Rippleシステムがすべての実際的な目的のために完全に集中化されているということです。したがって、RippleまたはXRPが破損することはありませんが、興味深い技術的特徴がない可能性があります。同社は多額の資金を持ち、マーケティングやビジネスパートナーシップの形成に多少有効であることが証明されており、企業や消費者の間でXRPの採用が成功する可能性があります。そうであれば、Bitcoinの批評家がしばしば提起するポイントは、Rippleの場合にはさらに関連性があり適切かもしれません。これらのポイントは次のとおりです。

  • インフレの不足は、ナイーブ経済政策である。
  • トークンの価格はあまりにも揮発性と投機的です。
  • レギュレータは、普及すればシステムを停止させる。
  • おそらく最も重要なのは、米ドルを使わない理由は?銀行は伝統的な通貨に基づいた競合するデジタルシステムを構築する(存在しない場合)。

リップルについての本当の謎は、システムの大きな市場価値を考えれば、Bitcoinの批評家はなぜそんなに静かなのだろう?おそらく、この質問に対する答えは、Bitcoinの提案者の一部には、その批評家にとっても当てはまります。ほとんどの人は、技術的なファンダメンタルズではなく、関係者の文化や性格として認識していることを判断するようです。

↓をクリックしていただくと励みになります(∩´∀`)∩
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

JPY(円)がICOしたら???

こんにちは。音速のGOXこと半角のジョソレノソです。

みなさんが仮想通貨に入ったきっかけはなんですか?

ジョソレノソは10年以上前から、「日本円の価値がなくなる」と考え、いろんな通貨やインフレの仕組みなどを勉強しているうちにプログラムで自動的に発行され、発行数量が2,100万枚で決まっているビットコインに魅了され、この世界に入ってきました。

政府がFIAT(円などの法定通貨)を発行できると、どうしても景気対策などで発行枚数を増やすインセンティブが働きます。発行数量を増やすと、単純化していえば1枚当たりの価値が薄まり、その分、円の価値は下がって物の値段は上がる。そして、賃金も同様に上がっていき、逆に政府の借金の実質的な価値は減価していくために、選挙という仕組みがある以上、これは必ず起こる事象なんだと思います。

しかし、みなさんはこの発行量がほぼ無限ともいえるような円をどれくらい信頼しているでしょうか?

例えば、1万円札。

4cc62feb3c5d93a1812c5f51921b2428_s-550x367.jpg

欲しいですよね?!w

でも、1万円札そのものには本来価値はない。

この1万円札を造幣局が作る原価は20円と言われています。

つまり、みなさんは20円で作られた紙を大事にしているわけですw

では、なぜ20円が原価の1万円を大事に思うのでしょう。

それは、簡単に言うと、発行している日本政府(正確には日銀ですが実質的な価値の裏付けは日本政府でしょう)をみなさんが信用しているからです。

こういうと、「いや、日本政府なんて信用していない!」という方も多いかもしれません。

しかしながら、日本政府の政策とかには反対かもしれませんが、日頃、使っている紙幣や硬貨が突然価値がなくなったり、減ったりすることなど考えてもいないことでしょう。

法定通貨の信用は政府の財政余力、徴税権、軍事力などを背景とした政府への信用に裏付けされていると言われています。

日本は軍事費は世界8位、そして消費税もいまだ10%ですので、20%以上の国も多いなかで徴税権もありそうです。脱税者も他国に比べて少ないでしょうしね。

でも、日本の財政は危ない水準です。

2017年3月末で1,071兆円。

対GDP比199%。

日本の借金時計

財部誠一さんの運営する日本の借金時計に、刻々と増え続ける日本の借金を確認することができます。

絶望的ですよね(>_<) 日本の税収は60兆円にも足りません。 一方で借金は1,000兆円を超え、毎年増え続ける。

よく家計に例えられますが、年収60万円なのに、借金は1,000万円みたいなものです。

おそらく近い将来、借金の利息だけで税収のほとんどを食いつぶすような事態になるでしょう。それくらいの自転車操業に入っています。

仮想通貨ブログらしく、JPYがICOしたらどうなるか考えてみましょう。

【JPYのICOホワイトペーパー】

〇使用方法:お年寄りの年金や医療費、公共事業、公務員給与を支払うために毎年、発行数を

増やします!また、すでに20兆円以上のETFを購入して、株価を高値にみせかけてます!

〇発行枚数:無制限!

〇減価:1万円あたり20円!

〇価値の源泉:みなさんの何も考えない信用が頼りです!

〇過去の実績:終戦直後の1946年に円は急激にインフレし、銀行を預金封鎖して新円に切り替

えて借金を踏み倒した実績があります!

 

少し誇張して書きましたが、JPYのICOがあったら、みなさんは応募するでしょうか?

ジョソレノソはするわけありませんw

大暴落が確実ですから。

 

余談として、仮想通貨でもJPYみたいな通貨ありますよね。結構人気ですw

無限に刷ったり、運営が最初に不公平に保有した通貨分をエアドロップとかPOS報酬で配る。

その無料で配られる報酬欲しさにその仮想通貨を買って、ただでもらった報酬分以上に価格下落をくらい、資産を減らしていく。

そう、あの仮想通貨ですw

では。

 ↓をクリックしていただくと励みになります(∩´∀`)∩
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

 

 

 

現在のポジション(2018年1月27日)

 

 

こんにちは。音速のGOX(2冠)こと半角のジョソレノソです。

今回はジョソレノソの現在のポジションを公開します~(‘ω’)ノ

楽しみ方はそれぞれ。

あまりお勧めはしません(購入価格、資産額が違うため)が、トレードの参考にするもよし、下落して損したときに笑うもよし(>_<)です。 少額のポジションは除いて、現在は7通貨を保有しています。

1 BTC(ビットコイン)

ダウンロード

説明不要の仮想通貨の基軸通貨です。

ジョソレノソは2014年にMTGOXで最初に買った(そしてすぐGOX(>_<))仮想通貨ですから愛着もあります。 でも、愛着があっても、下落しそうであれば叩き売るのがジョソレノソです(#^.^#) とはいえ、やはり仮想通貨トレーダーはほとんどの方が持っているのではないでしょうか。 ダウンロード.png

BTCUSD1日足をみても、長い調整が終わり、そろそろ上昇を開始しそうです。

 

2 BCH(ビットコインキャッシュ)

366

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインからハードフォークして生まれました。

まだ6か月しか経ってない通貨なんですが、存在感ありますね。

チャートの傾向としては、大部分がビットコインに対して下落を続けるんですが、ある日突然、暴騰する癖があります。

ですから、上がり始めてから買うのは難しい通貨なので、ずっと保有し、ハードウェアウォレットにしまっています。

楽しみがあるとすれば、サトシナカモトか?と一部で言われたクレイグ・ライトが2018年にビットコインキャッシュに大きな出来事がある、とツイートしていることです。

https://twitter.com/ProfFaustus/status/950363931847118848

1月は今日入れて残り4日。

なにかビッグニュースがあるのでしょうか?!

ダウンロード (1)

BCHUSD1日足チャートで、こちらも底堅くみえ、そろそろ上昇しそうです。

3 ETH(イーサリアム)

e5cc01fe.png

ジョソレノソはイーサリアムも大好きです。

イーサリアムが2017年5~6月にかけて暴騰したので、資金を大幅に増やせました(#^.^#)

ビットコインやビットコインキャッシュが通貨なのに対して、イーサリアムはスマートコントラストとして、ワールドコンピューターを目指しています。

数年後、生活をかけそうですね~。

ダウンロード (2).png

ETHUSD1日足チャートでは、ビットコインやビットコインキャッシュ以上に強そうです。

アルトは弱い相場だと思いますが、ETHは別に見えます。

4 GBYTE(byteball/バイトボール)

b103.jpg

バイトボールは聞きなれない方もいるのではないでしょうか。

ビットフライヤーやzaifの日本取引所でも取り扱ってない通貨なので、身近ではないかと思います。

ビットコインなどのブロックチェーンといわれる仕組みに対して、バイトボールはDAGというブロックチェーンとは違う仕組みを用いています。

送金スピードも速いといわれるXRP(リップル)にも劣らないくらい早いですし、イーサリアムのようにプラットフォームとして機能するという話もあるようです。

まだ検証が必要ですが、ブロックチェーンを超える可能性もあるかもしれませんね。

購入は、BITTREX、cryptopia、criptobridgeなどの海外の仮想通貨取引所でできます。

ダウンロード (3)

GBYTEUSD1日足をみると、長らく大きな下落に見舞われたバイトボールですが、2017年12月から上昇に転じ、まだ上がりそうに見えます。

ジョソレノソは3万円前後で買ったので、しばらくホードルするつもりです。

5 ALIS(アリス)

アリス06

ALISは国産のプロジェクトです。

海外でSTEEM(スティーム)という通貨の国産版ですね。

ブログは通常、広告が表示されますが、STEEMは広告に頼らずに、いいね!をよくもらった記事に対して収益が還元されるモデルです。

STEEMで実際にブログ収益をもらったときに、STEEMは仮想通貨時価総額のランク下位から一気に時価総額ベスト10に数十倍に高騰したようにALISも大化けと期待しています。

ジョソレノソはALISを2017年10月に買って1か月で2倍にし、そこでまた43円くらいで買っていますので、かなりポジションは膨らんでいます。

現在90円前後ですが、いまでもまだ安いのではないでしょうか。

ALISも日本取引所では取り扱ってないですが、国産プロジェクトなので日本取引所に上場されたら、MONA(モナ)みたいにMOONするかもしれませんね。

そして、2018年4月にALISのプロダクトのベータ版が出る予定です。

これがうまく機能すれば、早くもMOONかも。。。

ALISはcryptopia、coin exchangeなどで購入できます。

6 BCO(crypto bridge)

maxresdefault.jpg

BCOは非中央集権型取引所(DEX)のcrypto bridgeのトークンです。

ステーキングしていれば、この取引所が儲けた収益が配当されるトークンですね。

コインチェックのハッキング事件が記憶に新しいですが、ブロックチェーンで運営されているので、ハッキングの可能性が低いといわれています。

とはいえ、ジョソレノソはハッキングされる恐れはあると思ってますので、安心しないようにしましょう。

コインチェックのハッキングのような事件が今後も起こると思いますので、DEXはこれから伸びていくのではないでしょうか。

BCOはcryptobridgeで購入できます。

7 EDT(EtherDelta)

etherdelta.png

EDTは、BCOと同じくDEXのEtherDeltaのトークンです。

先日、ICOが終わったばかりですね。

ジョソレノソはBCOとEDTを保有しているように、DEXが2019年、2020年頃に既存の取引所を上回ると予測して、仕込んでいます(‘ω’)ノ

どうなりますかね。

では~。

 ↓をクリックしていただくと励みになります(∩´∀`)∩
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮想通貨相場予想はじめます

こんにちは。

音速のGOX(2冠)こと半角のジョソレノソです。

本日からこちらで仮想通貨の相場予想を中心としたブログを開設します~。

当てにならない未来予報士ですので、当てにせずに気楽に読んでいただければ(#^.^#)

なぜ仮想通貨相場予想なのか?

2017年12月くらいから、コインチェックのCMをみて多くの新しい方が仮想通貨トレードに参加してきています。

今の状況は、大幅な価格の下落、コインチェックのNEMハッキングなどで多くの方が損してるようにみえます。

実際にジョソレノソのツイッターにもDMで、「大損してます(>_<) 助けてください!」とか「何か儲かる銘柄教えてください!」とか悲痛?なメッセージが多数きています。

そんなに簡単に儲かる銘柄わかればいいですけど、もちろんわかりません。

そして、一番大事なのは、人に頼らないで自分で考えることなのかな、と思います。

ツイッターはポジトークばかり。

人気のインフルエンサーのいうとおりに買ってたら、高値で掴んで大損することも多いと思います。

なぜか?!

インフルエンサーは数万人とか数十万人のツイッターフォロワーや数十万アクセスのブログを持っています。

インフルエンサーの立場なら、安値で仕込んで、ポジトークして高値で売り抜けるのは簡単です。

ジョソレノソも数少ないフォロワーですがやろうと思えば草コインならできるかもしれませんw

 

だから、とにかく

自分で考える。

これしかないかと思います。

 

では、さっそく相場予想といきます~。

相場予想

まず、相場環境ですが、現在の状況は、

2018年1月27日 コインチェックがNEM580億円をハッキングにより盗難される

2018年1月28日 コインチャックが盗難されたNEMを円にて全額弁済することを発表

コインチェック記者会見-本社前3

 

 

ということで、ハッキング後には仮想通貨相場は冷え込む懸念もありましたが、大きなマイナスは回避できそうです。

 

ただし、留意しておく必要があるのは、コインチェックが全額弁済するといっても、時期が未定なことです。

弁済資金の捻出や、金融庁との調整などをクリアする必要があるのだと思います。

また、弁済資金をどう捻出するかも現時点では不明ですが、コインチェックが保有している仮想通貨を一部売却する可能性があります。

もちろんNEM以外ですね。

ですので、コインチェック上場通貨のうちNEM以外で時価総額が小さい銘柄は下落圧力があるかもしれません。

どれくらいコインチェックが保有しているかわかりませんが、LISK(リスク)、FCT(ファクトム)、REP(オーガー)、XRP(リップル)が可能性があります。

また、もう一つ覚えておかないといけないのは、コインチェックがまだ金融庁登録されずみなし業者であることです。

___

 

ハッキングがあったので、登録までかなりの時間がかかると思いますが、いままで金融庁登録が長引いているのは、匿名通貨を上場させているからではないか、との噂が流れています。

事実かは公式発表がないので不明ですが、今後、コインチェックが登録を現実化させようとすれば、匿名通貨をあきらめる可能性は考慮に入れる必要はあるでしょう。

XMR(モネロ)、ZEC(ゼットキャッシュ)、DASH(ダッシュ)の保有は短期ではリスクが高いでしょう。

コインチェックに取り扱われてはいませんが、XVG(バージ)も連想売りされる可能性があります。

もう一つNEMも予想しましょうか。

NEMは5億NEMがハッキングで盗まれています。

ですので、ツイッターではこの5億枚は使えずバーンされたも同然で、NEMの流通米数が少なくなってNEMは上昇するのではないか、また、円で弁済されたハッキング被害者がNEMを買いなおすのではないか、との憶測から、NEMは買い!とのツイートが多くみられます。

もちろん、その可能性もありますが、ジョソレノソはお勧めしません。

なぜなら、2017年12月にNEMはXRPとかとともに日本で人気が高く、かつ見た目の単価が安いので既に相当な高値になっているためです。

ハッキング関連のプラス要素は既にバブっているという要素が打ち消し、リスクも高いと判断します。

 

それから、コインチェックとは別に考慮すべきイベントは2018年3月予定のG20です。

先進国首脳会議で議題にのぼることが予想されています。

images.jpg

2014年に詐欺とか円天と同じとか言われる時期にビットコインを買っていたジョソレノソにとっては胸熱な状況ですが、相場に与える影響は大きいと思います。

まだ情報が少ないのでわかりませんが、予想としては、

G20までは仮想通貨に使用禁止などの規制があるのではないか?!との懸念で相場は下落圧力がかかるということです。

でも、日本やロシアでは顧客保護などの規制が次々とできて、仮想通貨による革命を各国も経済成長に取り込もうと必死ですので、おそらくは、

「顧客保護」、「マネーロンダリング」などをしっかりと各国において規制で守ろう。

のように仮想通貨にはマイナスにはならない結論に終わるのではないかと考えています。

ですので、G20を契機に相場は反転し、上昇相場に戻っていくのではないか、

というのがジョソレノソの大まかな予想です。

当たるでしょうか、当たらないでしょうか?!(‘ω’)ノ

みなさんも自分なりの予想をしたら楽しいのではないでしょうか。

では~。

 ↓をクリックしていただくと励みになります(∩´∀`)∩
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング