お勧め仮想通貨データ集

こんにちは。音速のGOX(2冠)こと半角のジョソレノソです。

今回はお勧めの仮想通貨データ集を紹介します~(‘ω’)ノ

コイン・マーケット・キャップ

まずはコイン・マーケット・キャップ。

無題.png

ここでは、仮想通貨全体の時価総額やビットコイン、イーサリアムなどの各仮想通貨ごとに時価総額や24時間取引ボリュームなどが確認できます。

仮想通貨全体の時価総額も大事ですが、ジョソレノソは円で逃げるという選択肢はなし、と考えているので、ここはあまり興味がありません。

円で持つというスタイルが有利なのは特定のトレードスタイルの方だけ、というのが持論ですがそれはまた改めての機会に記事を書くかもしれません。

個人的によく見るのは、ビットコインドミナンスです。そして、自動的に表示はされませんが、ビットコインとビットコイン・キャッシュをあわせた仮想通貨全体の時価総額で割ったドミナンスです。以前はビットコインドミナンスだけでアルトバブルの始まりと終わりが予測できたのですが、ビットコイン・キャッシュが誕生してまだビットコインと覇権争いを繰り広げているので、当面はビットコインとビットコイン・キャッシュを足したドミナンスで判断したほうが正しい判断ができそうです。

ビットコイン未確認取引

blockchainのサイトで、ビットコインの未確認取引件数を確認できます。

無題.png

一時、未確認取引は30万件近くまで行ったと思いますが、今はたった4,882件になっています。

未確認取引件数が多いほうがビットコインの価格が高く、未確認取引件数が少ない今はビットコイン価格は安いというのは、少し面白いですね。

市場の価格は短期では誤る、といいますが、今は誤っているのでしょうか。

folk.lol

お次はfolk.lol。

無題.png

ビットコインとビットコイン・キャッシュのハッシュレートなどを見れます。

画像ではビットコインが86.87%。ビットコイン・キャッシュが13.13%です。

一時はこのハッシュレートにビットコインとビットコイン・キャッシュの価格が相関するのではないか、という議論がありましたが、現在は下火です。

しかし、長期的にはまた注目される時期がきそうですね。

BITCOIN相場.com

こちらはBITCOIN相場.com。

ビットコインの日本、欧米、韓国の価格の差を確認できます。

韓国はキムチ・プレミアムと言われる相当高い価格が付きやすく、日本は悲観のときは売りまくれる国民性がでて面白いデータです。

PoloLendView

こちらはPoloLendView。

無題.png

poloniexでのLending金利を確認できます。

現在はビットコインは0.007%ですが、先日の仮想通貨大暴落時は0.009%くらいまで上がっていました。

一説にはセリングクライマックスはもっと高い金利になるため、まだ暴落は終わってないというツイートも見ますね。

以上、データ集でした。

では。

↓をクリックしていただくと励みになります(∩´∀`)∩
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

BCHは第三世界での普及から世界制覇するのか?!

こんにちは。音速のGOXこと半角のジョソレノソです。

BCH(ビットコイン・キャッシュ)が2月8日から突然上がり始めました。

BCHはみなさんもご存知のとおり、2017年8月にビットコインから分裂してできたまだ半年しか経っていない通貨です。

ビットコインが1MBのブロックサイズのまま、segwitやライトニングネットワークによって、手数料を安く送金スピードを上げることを目指しているのに対し、ビットコインキャッシュは現在8MB、そして近々32MBにブロックサイズを拡大することでスケーラビリティ問題解消を図る通貨です。

どちらが勝つか楽しみなところで、ジョソレノソはビットコインとビットコイン・キャッシュをほぼ同じ金額持っています。

一般的には「ビットコインとビットコイン・キャッシュを同じ枚数持つ」という方が多いので、ビットコイン・キャッシュに比重を置いていることになりますね。

これは、歴史の浅い通貨のほうが上昇幅が多い、という理由からです。

ビットコインより断然、歴史が浅いビットコイン・キャッシュのほうが上がり幅が大きくなると思いませんか?!

そして、ビットコイン・キャッシュは歴史が短いにもかからわず、開発も順調に進んでいます。

ビットコインの基本性能を持ちながら、まだ歴史が浅いだけに信じている人が少なく=価格も本質より低い。投資妙味がありますね。

ビットコインは価格が高騰したこと、また1MBにブロックサイズをしているため、手数料の高騰という問題が生じています。

この問題に対し、庶民は使えない通貨、との評価もでてきています。

ライトニングネットワークなどでクリアできるかはこれからの見どころです。

一方で誕生したばかりのビットコイン・キャッシュ。

アフリカでの普及を狙っていると言われています。

近代史は欧米からアジアの時代に移ってきて、次はアフリカの時代だと言われています。

人口は12億人。ポテンシャルは凄いでしょう。

アフリカのケニアでのM-PESA(エムペサ)の話を聞いたことあるでしょうか。

アフリカでは銀行口座を持てない人がほとんどです。

その中で急速に普及したのがモバイル送金サービスのエムペサです。

ケニアでは70%を超える人がエムペサを使っています。

エムペサとはどんなサービスなのか

エムペサは携帯電話で送金、出金、支払いができるサービスです。

公共料金の支払いや教育費の支払い、給料の支払いまでできてしまう。

銀行にいかなくても、携帯電話だけで銀行の提供するサービスと同様のことができるため、普及するのは当然でしょうね。

むしろ日本より便利かも。

2014年時点でのアフリカでの携帯電話を持っている人は8億9,100万人。

エムペサで携帯電話で送金できるサービスの利用も進んでいる。

まだ噂の段階ですが、ビットコイン・キャッシュは携帯電話で仮想通貨アドレスやパスワードなどの煩わしい手続きなしで、送金できるアプリを開発間近だと言われています。

これが事実ならアフリカでの普及は現実味が高いのではないでしょうか。

そして、これから経済発展が見込まれるアフリカなどの第三世界で普及すれば、全世界のシェアをおさえてしまう未来もあるのかもしれませんね。

では。

↓をクリックしていただくと励みになります(∩´∀`)∩
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

ビットコインはイナゴタワーだったのか?!

こんにちは。音速のGOXこと半角のジョソレノソです。

ビットコインの下落がいまだ止まらず、界隈では「80万円が底だ!」、「いや、30万円だ!」など様々な予想が飛び交っています。

チャートを見てみましょう。BTCUSDあ.png

2月5日22時30分現在で天井から61%下落しています。

どこまでも落ちそうに見えますね(>_<) 関心の高い記事でしたが、ビットコイン暴落の歴史に学ぶでは、ビットコインは過去には30~40%前後の下落後も不死鳥のごとく蘇り、下落の数倍も上昇したことを振り返りました。

今回はポジティブなデータではなく、ネガティブなデータをみて分析したいと思います。

テーマは「イナゴタワー」です。

「イナゴタワー」とは、上昇していく通貨をイナゴがタワーを作るように、急上昇し、一転、天井から地上まで下落していく様を言います。

さきほどのビットコインのチャートをみるとまさに「イナゴタワー」に見えませんか!?(´・ω・)

今回の記事は「イナゴタワー」だったと仮定して、どうなるのかを他のイナゴタワーの例をみて予想していきます。

イナゴタワーというと、最近ではXVGが記憶に新しいですね。

でも、まだイナゴタワーがビットコインと同時並行で崩れていると思われるので、XVGは参考にできません。

まずはモナコインで見ていきます。

mona.png

モナコインは2017年に2回イナゴタワーを作っています。

10月に1回目、11月から12月初めに2回目です。

2回目は現在下落途中なので参考外とします。

1回目のイナゴタワーのチャートが次です。

mona2.png

非常にローソク足が細いですが、これぞまさにイナゴタワーでしたね。

暴騰前が0.47ドル

最高値が6.10ドル(1300%の上昇)

下落後が2.27ドル(63%の下落)

ジョソレノソも大きく儲かりましたが、最高値では売り抜けることができませんでした(>_<) とにかく一瞬で下落しましたね。

モナコインの場合は幸い、その後、1か月程度で再度の上昇をすることになります。

2回目の上昇は24ドルまで上がりましたので、0.47ドルからは5100%の上昇でした(`・ω・´)ゞ

これはパターン1(モナパターン)としましょう。

果たして、ビットコインはこれなのか?!

次にリップル(XRP)をみていきましょう。

XRPの特徴は沼り続けて、突然、急上昇して、一瞬で下落する通貨です。

非常にピークが短いという特徴があります。

2017年12月の上昇後の下落はまだ途上のようですので、今回見ていくのは2017年5月とします。

XRPUSDT.png

USDではチャートが5月以前は出ない関係で、XRPUSDTチャートにしています。

凄い下落のイメージがあるのですが、BTC建のイメージが強く、実はFIAT建ではある程度のところで留まっています。

天井からの下落は68.3%にも及びました(>_<)

その後、ヨコヨコを続け、半年間待つことになります。

これが、イナゴタワー後のパターン2(XRPパターン)です。

NEMも似た傾向を持ちます。

もっと見ていきたいのですが、ガラは気が滅入るので2パターンにしますw

まとめると(2つなのでまとめるほどじゃないですがw)、

モナの1回目のイナゴタワーは63%の下落、1か月後に5,100%の暴騰

XRPの2017年5月のイナゴタワーは68.3%の下落、半年間ヨコヨコ

でした。

そして、ビットコインはいま61%の下落

モナの63%下落、XRPの68.3%の下落に迫っています。

ということは…?!

モナのようにすぐに上昇を開始するか、XRPのようにヨコヨコになるかはわかりません。

あなたはどちらだと予想しますか?

では。

↓をクリックしていただくと励みになります(∩´∀`)∩
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

2018年2月仮想通貨できごとカレンダー

こんにちは。音速のGOXこと半角のジョソレノソです。

2018年2月の仮想通貨できごとカレンダーも随時更新していきます。

備忘録としてお使いください~。

2月1日 警視庁がコインチェックのNEMハッキングデータ解析を開始

syokai.png

警視庁がコインチェックのNEMハッキング事件のデータ解析を開始しました。2014年のMT.GOXハッキング事件では解明できず、その後2017年にようやくFBIがハッキング犯を逮捕する事態がありましたが、今回はどうでしょうか。

2月2日 金融庁がコインチェックに立ち入り検査

20180202-OYT1I50003-N.jpg

既に1月に書面で状況を提出するよう行政処分を行っていた金融庁が、突然、コインチェックに立ち入り検査に入りました。顧客資産の弁済が不透明のために、資産のさらなる流出等にならないように緊急で入ったとも噂されています。

金融庁が本日以降もコインチェックに常駐するようです。

india-1.jpg

インド政府が仮想通貨は法廷通貨とは認めないとのニュースが流れました。

規制強化との観測で仮想通貨は大幅下落しました。

実際にインド政府がどこまで規制するかは情報が錯そうしている状態です。

2月3日 コインチェックが顧客資産は保全されているとの発表

obata180129-thumb-720xauto.jpg

被害者弁護団は結成されるなど、コインチェックが顧客資産を弁済できないのではないか、との疑念が高まっていることを受けてか、コインチャックが顧客資産は保全されているとの発表を行いました。金融庁監督下で行われたため、一定の安心感をもたらしたといえるでしょう。

 ↓をクリックしていただくと励みになります(∩´∀`)∩
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

ゴールドとビットコインの怪しい関係

こんにちは。音速のGOXこと半角のジョソレノソです。

ビットコインの価格をみなさん読めずに、他の仮想通貨を含めて、ホールドなのか買いなのか、それとも売りなのか悩んでいることかと思います。

ツイッターの投稿を見ていても、勝ちまくってきた方でさえも迷っているのが見て取れます。

一応、不詳ジョソレノソもツイッターの中では、かなり勝っている上位にいそうな気が投稿からするのですが、もちろん迷っています。

でも、中長期投資としたら、楽観的で買いですけどね。

仮想通貨相場予想(2018年2月3日)

今回はビットコイン価格の先行指標としてゴールドが使えるのかを見ていきます。

ゴールドといってもビットコインゴールドではなく、地金のほうですね。

GOLD.png

これがゴールドとビットコインのチャートです。

どちらがゴールドでどちらがビットコインかわかりますか?

もちろん青いチャートがゴールド、赤いチャートがビットコインです。

2017年11月29日に、赤いチャートと青いチャートが交錯しています。

新しいアセットであるビットコインが昔からの価値の保存手段であるゴールドを抜いた歴史的な瞬間でした。

その後、2度交錯し、現在はゴールドがまた価格では上回っています。

ここで気づいた方も多いと思います。

11月29日にチャートが交錯してから、ゴールドとビットコインの価格は逆相関にあるのではないか、と。

12月12日ゴールドは大底をうち、反転を始めます。

ビットコインは12月17日に天井から下落を開始します。

ゴールドがトレンド転換してから5日後にビットコインがトレンド転換する。

データが少なすぎて確実性にはまだ薄いですが面白いデータですね。

そして、大事なのは未来予想。

ゴールドは1月25日に天井からの下落を今のところ開始しています。

そして、ビットコインはその8日後にひとまずの底を打っています。

これは、トレンド転換がまたしてもゴールドとビットコインの間で逆相関で行われたのか?!

まだわかりませんが数日、注目してみましょう。

界隈はまだビットコインは下がるとの予想が大勢のようですが、ジョソレノソはビットコインの底打ちは近い、と考えています。

答えあわせはもうすぐです。

では。

 

 ↓をクリックしていただくと励みになります(∩´∀`)∩
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

2018年1月仮想通貨できごとカレンダー

こんにちは。音速のGOX(2冠)こと半角のジョソレノソです。

今日はまだ1月27日。

まだ2018年が始まって、1か月も経ってないということに驚愕しますね(#^.^#)

毎日いろいろな事件があって、1週間前のことすら思い出せなくなります(>_<) そこで、なにがあったかできごとカレンダーをこれからつけていこうと思います。 備忘録ですね。1年後とかに役立つかも。 できごとカレンダーは今後も更新していきます~

1月4日 binance(バイナンス)が新規口座停止

images (1).jpg

開設して半年で世界最大の取引所になったbinanceも新規口座開設殺到で受付を停止しました。仮想通貨人口の爆発的な増加が表れてますね。

1月8日 ムショり人誕生か?!

src_38914359.jpg

ビットフライヤーの加納社長が、1月中に新しい通貨を上場させるとツイートして上場通貨予想が過熱。上場通貨を内密に手に入れたとツイートしたアカウントがいましたが、加納社長が漏洩することはあり得ないと否定する事態に。嘘のツイートをしたアカウントは逮捕されムショり人誕生かと騒がれました。

1月8日 クレイグ・ライトが1月にBCHに大きな出来事をツイート

https://twitter.com/ProfFaustus/status/950363931847118848

サトシ・ナカモトと一部で噂されるクレイグ・ライトが1月にBCHに大きな出来事が起こることをツイートしました。なんでしょうか?!

1月11日 zaif不正出金か?!

photo_2016-07-03_12-05-33.jpg

zaif(ザイフ)で不正出金されているとの報告がツイッターで相次ぎました。その後、どうなったかはいまだ発表されてないようですが、今回のコインチェックハッキング事件とは別の犯人なのでしょうか。続報が待たれますね。

1月16日 韓国で仮想通貨規制案

julia-roberts-2639315_1920.jpg

日本以上に仮想通貨熱が過熱している韓国で仮想通貨の法規制案が取り正されました。

いままで本人確認がいらなかった仮想通貨取引所口座開設に本人確認が必要になるようです。

1月17日 仮想通貨が1日で38兆円の大暴落!

20180117134546.jpg

中国がさらなる規制をするのではないかということがきっかけで、1日で仮想通貨時価総額が38兆円も縮小する大暴落!この辺りからアルトコインブームが沈静化しました。

1月19日 G20財務相会議で仮想通貨が議題か?!

g20.jpg

ドイツ、フランスが2018年3月に行われるG20財務相会議で仮想通貨の規制について提案するとのニュースが流れました。この直前は規制を恐れて下落するかもしれませんね。

1月21日 韓国取引所でウォン引き出しは韓国人だけに!?(中国人排除か?!)

20160820095135.jpg

中国の取引所では規制で、中国人がFIATから仮想通貨を買うことが難しいため、中国人は本人確認されていなかった韓国の取引所で取引していたと言われています。ウォン引き出しが韓国人だけに限定されるというニュースが流れ、中国人の買いがなくなるということでビットコインも大幅に下落しました。

1月23日 ライトニングネットワークで初の物品購入

images (2)

ビットコインの手数料が高騰し、送金が遅くなる問題が顕在化していますが、その解決策となるといわれるライトニングネットワークで初の物品購入が行われました。

0.5秒もかからないスピード、手数料無料で一瞬で送金ができるといわれています。登場が楽しみですね。

1月23日 携帯電話からインターネット、パスワードなしにBCHを送金できる?!

 

BCHを世界中の携帯電話からインターネット、スマホ、アプリ、アカウント、パスワードもなしで送金できるベータ版が完成間近とのニュースが流れました。

1月8日のクレイグ・ライトがBCHに大きな出来事が起こるというツイートはこれでしょうか?!もし実現したら、アフリカなどの第3世界はBCHが一気に普及するのかもしれませんね。

1月25日 仮想通貨格付発表

ダウンロード (1)

格付会社のWeissRatingsが仮想通貨時価総額15位の通貨の格付を発表しました。発表前は大きな話題になりましたけど、中身は酷かったですね(>_<)

1月27日 コインチェックが580億円分のNEMハッキング被害

コインチェック記者会見-本社前1.jpg

コインチェックで5億NEM、580億円分はハッキングにより盗難されました。

史上最大規模の被害です。

1月28日 コインチェックがハッキング被害者に全額弁済を発表

20180128011335

1月29日 コインチェックへの金融庁行政処分発表

img_15e220ec7bd03844676c0106dd6f823964663.jpg

コインチェックのハッキング事件に対して、金融庁が行政処分を発生しました。業務停止ではなく、2月13日までにハッキング事件概要、原因、顧客への適切な対応、セキュリティの強化、責任の所在の明確化などを書面で金融庁に報告せよ、との内容でした。

1月31日 コインチェックが出金の再開予定の予定をアナウンス

images (2).jpg

市場の混乱を抑えるためか、コインチャックが出金予定のアナウンスを準備してますとのアナウンスがありました。

今の段階では発表できない原因が何かは不明です。

1月31日 BitFlyerがLISKの取り扱いを開始

Lisk1-550x240.png

かねてから加納社長が宣言していたとおり、BitFlyerがLISKの取り扱いを開始しました。

モナコイン以来の上場となります。モナコインはBItFlyer上場後に数十倍に暴騰しましたが、LISKは今のところそこまでの暴騰はないようです。

 ↓をクリックしていただくと励みになります(∩´∀`)∩
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

 

 

 

現在のポジション(2018年1月27日)

 

 

こんにちは。音速のGOX(2冠)こと半角のジョソレノソです。

今回はジョソレノソの現在のポジションを公開します~(‘ω’)ノ

楽しみ方はそれぞれ。

あまりお勧めはしません(購入価格、資産額が違うため)が、トレードの参考にするもよし、下落して損したときに笑うもよし(>_<)です。 少額のポジションは除いて、現在は7通貨を保有しています。

1 BTC(ビットコイン)

ダウンロード

説明不要の仮想通貨の基軸通貨です。

ジョソレノソは2014年にMTGOXで最初に買った(そしてすぐGOX(>_<))仮想通貨ですから愛着もあります。 でも、愛着があっても、下落しそうであれば叩き売るのがジョソレノソです(#^.^#) とはいえ、やはり仮想通貨トレーダーはほとんどの方が持っているのではないでしょうか。 ダウンロード.png

BTCUSD1日足をみても、長い調整が終わり、そろそろ上昇を開始しそうです。

 

2 BCH(ビットコインキャッシュ)

366

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインからハードフォークして生まれました。

まだ6か月しか経ってない通貨なんですが、存在感ありますね。

チャートの傾向としては、大部分がビットコインに対して下落を続けるんですが、ある日突然、暴騰する癖があります。

ですから、上がり始めてから買うのは難しい通貨なので、ずっと保有し、ハードウェアウォレットにしまっています。

楽しみがあるとすれば、サトシナカモトか?と一部で言われたクレイグ・ライトが2018年にビットコインキャッシュに大きな出来事がある、とツイートしていることです。

https://twitter.com/ProfFaustus/status/950363931847118848

1月は今日入れて残り4日。

なにかビッグニュースがあるのでしょうか?!

ダウンロード (1)

BCHUSD1日足チャートで、こちらも底堅くみえ、そろそろ上昇しそうです。

3 ETH(イーサリアム)

e5cc01fe.png

ジョソレノソはイーサリアムも大好きです。

イーサリアムが2017年5~6月にかけて暴騰したので、資金を大幅に増やせました(#^.^#)

ビットコインやビットコインキャッシュが通貨なのに対して、イーサリアムはスマートコントラストとして、ワールドコンピューターを目指しています。

数年後、生活をかけそうですね~。

ダウンロード (2).png

ETHUSD1日足チャートでは、ビットコインやビットコインキャッシュ以上に強そうです。

アルトは弱い相場だと思いますが、ETHは別に見えます。

4 GBYTE(byteball/バイトボール)

b103.jpg

バイトボールは聞きなれない方もいるのではないでしょうか。

ビットフライヤーやzaifの日本取引所でも取り扱ってない通貨なので、身近ではないかと思います。

ビットコインなどのブロックチェーンといわれる仕組みに対して、バイトボールはDAGというブロックチェーンとは違う仕組みを用いています。

送金スピードも速いといわれるXRP(リップル)にも劣らないくらい早いですし、イーサリアムのようにプラットフォームとして機能するという話もあるようです。

まだ検証が必要ですが、ブロックチェーンを超える可能性もあるかもしれませんね。

購入は、BITTREX、cryptopia、criptobridgeなどの海外の仮想通貨取引所でできます。

ダウンロード (3)

GBYTEUSD1日足をみると、長らく大きな下落に見舞われたバイトボールですが、2017年12月から上昇に転じ、まだ上がりそうに見えます。

ジョソレノソは3万円前後で買ったので、しばらくホードルするつもりです。

5 ALIS(アリス)

アリス06

ALISは国産のプロジェクトです。

海外でSTEEM(スティーム)という通貨の国産版ですね。

ブログは通常、広告が表示されますが、STEEMは広告に頼らずに、いいね!をよくもらった記事に対して収益が還元されるモデルです。

STEEMで実際にブログ収益をもらったときに、STEEMは仮想通貨時価総額のランク下位から一気に時価総額ベスト10に数十倍に高騰したようにALISも大化けと期待しています。

ジョソレノソはALISを2017年10月に買って1か月で2倍にし、そこでまた43円くらいで買っていますので、かなりポジションは膨らんでいます。

現在90円前後ですが、いまでもまだ安いのではないでしょうか。

ALISも日本取引所では取り扱ってないですが、国産プロジェクトなので日本取引所に上場されたら、MONA(モナ)みたいにMOONするかもしれませんね。

そして、2018年4月にALISのプロダクトのベータ版が出る予定です。

これがうまく機能すれば、早くもMOONかも。。。

ALISはcryptopia、coin exchangeなどで購入できます。

6 BCO(crypto bridge)

maxresdefault.jpg

BCOは非中央集権型取引所(DEX)のcrypto bridgeのトークンです。

ステーキングしていれば、この取引所が儲けた収益が配当されるトークンですね。

コインチェックのハッキング事件が記憶に新しいですが、ブロックチェーンで運営されているので、ハッキングの可能性が低いといわれています。

とはいえ、ジョソレノソはハッキングされる恐れはあると思ってますので、安心しないようにしましょう。

コインチェックのハッキングのような事件が今後も起こると思いますので、DEXはこれから伸びていくのではないでしょうか。

BCOはcryptobridgeで購入できます。

7 EDT(EtherDelta)

etherdelta.png

EDTは、BCOと同じくDEXのEtherDeltaのトークンです。

先日、ICOが終わったばかりですね。

ジョソレノソはBCOとEDTを保有しているように、DEXが2019年、2020年頃に既存の取引所を上回ると予測して、仕込んでいます(‘ω’)ノ

どうなりますかね。

では~。

 ↓をクリックしていただくと励みになります(∩´∀`)∩
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮想通貨相場予想はじめます

こんにちは。

音速のGOX(2冠)こと半角のジョソレノソです。

本日からこちらで仮想通貨の相場予想を中心としたブログを開設します~。

当てにならない未来予報士ですので、当てにせずに気楽に読んでいただければ(#^.^#)

なぜ仮想通貨相場予想なのか?

2017年12月くらいから、コインチェックのCMをみて多くの新しい方が仮想通貨トレードに参加してきています。

今の状況は、大幅な価格の下落、コインチェックのNEMハッキングなどで多くの方が損してるようにみえます。

実際にジョソレノソのツイッターにもDMで、「大損してます(>_<) 助けてください!」とか「何か儲かる銘柄教えてください!」とか悲痛?なメッセージが多数きています。

そんなに簡単に儲かる銘柄わかればいいですけど、もちろんわかりません。

そして、一番大事なのは、人に頼らないで自分で考えることなのかな、と思います。

ツイッターはポジトークばかり。

人気のインフルエンサーのいうとおりに買ってたら、高値で掴んで大損することも多いと思います。

なぜか?!

インフルエンサーは数万人とか数十万人のツイッターフォロワーや数十万アクセスのブログを持っています。

インフルエンサーの立場なら、安値で仕込んで、ポジトークして高値で売り抜けるのは簡単です。

ジョソレノソも数少ないフォロワーですがやろうと思えば草コインならできるかもしれませんw

 

だから、とにかく

自分で考える。

これしかないかと思います。

 

では、さっそく相場予想といきます~。

相場予想

まず、相場環境ですが、現在の状況は、

2018年1月27日 コインチェックがNEM580億円をハッキングにより盗難される

2018年1月28日 コインチャックが盗難されたNEMを円にて全額弁済することを発表

コインチェック記者会見-本社前3

 

 

ということで、ハッキング後には仮想通貨相場は冷え込む懸念もありましたが、大きなマイナスは回避できそうです。

 

ただし、留意しておく必要があるのは、コインチェックが全額弁済するといっても、時期が未定なことです。

弁済資金の捻出や、金融庁との調整などをクリアする必要があるのだと思います。

また、弁済資金をどう捻出するかも現時点では不明ですが、コインチェックが保有している仮想通貨を一部売却する可能性があります。

もちろんNEM以外ですね。

ですので、コインチェック上場通貨のうちNEM以外で時価総額が小さい銘柄は下落圧力があるかもしれません。

どれくらいコインチェックが保有しているかわかりませんが、LISK(リスク)、FCT(ファクトム)、REP(オーガー)、XRP(リップル)が可能性があります。

また、もう一つ覚えておかないといけないのは、コインチェックがまだ金融庁登録されずみなし業者であることです。

___

 

ハッキングがあったので、登録までかなりの時間がかかると思いますが、いままで金融庁登録が長引いているのは、匿名通貨を上場させているからではないか、との噂が流れています。

事実かは公式発表がないので不明ですが、今後、コインチェックが登録を現実化させようとすれば、匿名通貨をあきらめる可能性は考慮に入れる必要はあるでしょう。

XMR(モネロ)、ZEC(ゼットキャッシュ)、DASH(ダッシュ)の保有は短期ではリスクが高いでしょう。

コインチェックに取り扱われてはいませんが、XVG(バージ)も連想売りされる可能性があります。

もう一つNEMも予想しましょうか。

NEMは5億NEMがハッキングで盗まれています。

ですので、ツイッターではこの5億枚は使えずバーンされたも同然で、NEMの流通米数が少なくなってNEMは上昇するのではないか、また、円で弁済されたハッキング被害者がNEMを買いなおすのではないか、との憶測から、NEMは買い!とのツイートが多くみられます。

もちろん、その可能性もありますが、ジョソレノソはお勧めしません。

なぜなら、2017年12月にNEMはXRPとかとともに日本で人気が高く、かつ見た目の単価が安いので既に相当な高値になっているためです。

ハッキング関連のプラス要素は既にバブっているという要素が打ち消し、リスクも高いと判断します。

 

それから、コインチェックとは別に考慮すべきイベントは2018年3月予定のG20です。

先進国首脳会議で議題にのぼることが予想されています。

images.jpg

2014年に詐欺とか円天と同じとか言われる時期にビットコインを買っていたジョソレノソにとっては胸熱な状況ですが、相場に与える影響は大きいと思います。

まだ情報が少ないのでわかりませんが、予想としては、

G20までは仮想通貨に使用禁止などの規制があるのではないか?!との懸念で相場は下落圧力がかかるということです。

でも、日本やロシアでは顧客保護などの規制が次々とできて、仮想通貨による革命を各国も経済成長に取り込もうと必死ですので、おそらくは、

「顧客保護」、「マネーロンダリング」などをしっかりと各国において規制で守ろう。

のように仮想通貨にはマイナスにはならない結論に終わるのではないかと考えています。

ですので、G20を契機に相場は反転し、上昇相場に戻っていくのではないか、

というのがジョソレノソの大まかな予想です。

当たるでしょうか、当たらないでしょうか?!(‘ω’)ノ

みなさんも自分なりの予想をしたら楽しいのではないでしょうか。

では~。

 ↓をクリックしていただくと励みになります(∩´∀`)∩
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング