お勧め仮想通貨データ集

こんにちは。音速のGOX(2冠)こと半角のジョソレノソです。

今回はお勧めの仮想通貨データ集を紹介します~(‘ω’)ノ

コイン・マーケット・キャップ

まずはコイン・マーケット・キャップ。

無題.png

ここでは、仮想通貨全体の時価総額やビットコイン、イーサリアムなどの各仮想通貨ごとに時価総額や24時間取引ボリュームなどが確認できます。

仮想通貨全体の時価総額も大事ですが、ジョソレノソは円で逃げるという選択肢はなし、と考えているので、ここはあまり興味がありません。

円で持つというスタイルが有利なのは特定のトレードスタイルの方だけ、というのが持論ですがそれはまた改めての機会に記事を書くかもしれません。

個人的によく見るのは、ビットコインドミナンスです。そして、自動的に表示はされませんが、ビットコインとビットコイン・キャッシュをあわせた仮想通貨全体の時価総額で割ったドミナンスです。以前はビットコインドミナンスだけでアルトバブルの始まりと終わりが予測できたのですが、ビットコイン・キャッシュが誕生してまだビットコインと覇権争いを繰り広げているので、当面はビットコインとビットコイン・キャッシュを足したドミナンスで判断したほうが正しい判断ができそうです。

ビットコイン未確認取引

blockchainのサイトで、ビットコインの未確認取引件数を確認できます。

無題.png

一時、未確認取引は30万件近くまで行ったと思いますが、今はたった4,882件になっています。

未確認取引件数が多いほうがビットコインの価格が高く、未確認取引件数が少ない今はビットコイン価格は安いというのは、少し面白いですね。

市場の価格は短期では誤る、といいますが、今は誤っているのでしょうか。

folk.lol

お次はfolk.lol。

無題.png

ビットコインとビットコイン・キャッシュのハッシュレートなどを見れます。

画像ではビットコインが86.87%。ビットコイン・キャッシュが13.13%です。

一時はこのハッシュレートにビットコインとビットコイン・キャッシュの価格が相関するのではないか、という議論がありましたが、現在は下火です。

しかし、長期的にはまた注目される時期がきそうですね。

BITCOIN相場.com

こちらはBITCOIN相場.com。

ビットコインの日本、欧米、韓国の価格の差を確認できます。

韓国はキムチ・プレミアムと言われる相当高い価格が付きやすく、日本は悲観のときは売りまくれる国民性がでて面白いデータです。

PoloLendView

こちらはPoloLendView。

無題.png

poloniexでのLending金利を確認できます。

現在はビットコインは0.007%ですが、先日の仮想通貨大暴落時は0.009%くらいまで上がっていました。

一説にはセリングクライマックスはもっと高い金利になるため、まだ暴落は終わってないというツイートも見ますね。

以上、データ集でした。

では。

↓をクリックしていただくと励みになります(∩´∀`)∩
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

広告

国の財政が破綻したらどうなるのか?(後編)

円、そして日本財政の危機の記事が非常に読まれています。

JPY(円)がICOしたら???

JPY()の忘れられた過去

そして、今回は国の財政が破綻したらどうなるのか?について焦点を当てた記事の後編を書きます。

国の財政が破綻したらどうなる?(前編)

さて、前編ではソ連が崩壊したロシアではルーブルの価値が2,400分の1になったことを記事にしました。

例えば、2,400万円分の価値があったルーブルが1万円の価値になったということです。

家も買えそうな2,400万円という大金がちょっと豪華なディナーを食べるだけの価値になってしまう。こんなことが現実に起こりました。

そして、日本でも近い未来に起こるかもしれません。

さあ、そんなお金の価値がなくなったロシアでは何が起こったでしょうか。

治安の悪化

当然のごとく治安が悪化しました。資産が失われたことで悪いことを企てる人も増えますし、警察に払い給料も滞りますから当然の結果ですね。

その結果、防犯的にリスクが高い一軒家よりアパート形式の住居のほうが人気が出ました。

また、停電も相次ぐため蝋燭が使用され、火事も頻発しました。

寿命が短く(63歳から57.6歳に)

1991年には男性の平均寿命が63歳でしたが、1994年には57.6歳になってしまいました。

人口も1991年の1億4,860万人から2006年には1億1,600万人に減りました。

これは医療費の高騰も一つの要因で、年金1か月分で薬一箱とパン一斤しか買えないほどルーブルの価値が下がったためです。

また、アルコール依存症も増加し、新生児の数も急減しました。

 

 

このような記事を書くと、ロシアは大国であっても経済的には2流で日本とは違う!

内債で日本国民が政府の借金を負担しているので破綻するわけではない!

とのリプがきます。

もちろん、そんな理屈はおかしいものですね。

経済的に遅れがでている国の破綻がより可能性が高く、借金のGDP比でも比較的低い数値で生じるのは、仮想通貨に例えるとよく理解できます。

流動性の低い草コインはすぐに上がるが、みんなが冷静になると一瞬で無価値になります。

しかしながら、規模が大きくなると本来、価値はなくとも信用はなかなか崩れずに答えはより長時間かかっています。でも、結末はきっと同じでしょう。

そして、内債だから破綻するわけがない!というのは、日本政府と日本国民を混同しています。

日本政府が借金である国債を発行し、日本国民が銀行に貯金しているお金で国債を買っています。これでも国債が消化できそうもないために異次元緩和というそれらしいキャッチフレーズをつけて、日銀が国債を消化している構図です。

日銀が無限に円を刷れるから破綻するわけがない、といいますが、フリーランチはありません。無税国家は歴史上、存在しないのです。

もし内債で破綻したら、政府の借金は帳消しになり、同時に国民の貯金などの資産も帳消しになるだけです。

日本トータルでみて帳尻はあったとしても、それは国民にとっての大惨事であり、破綻でしょう。
政府は破綻時の体制を批判する体制に顔を付け替えるはずです。

仮想通貨も1,500以上の通貨が生まれ、値段がつくのが当然と思っているかもしれません。

でも、そんなわけがないと思うのはジョソレノソだけでしょうか。

煽られて買う。どうなのかな。

では。

 ↓をクリックしていただくと励みになります(∩´∀`)∩
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

 

政府に規制されるものを買え

こんにちは。音速のGOXこと半角のジョソレノソです。

今回はこのツイートを詳しく記事にしていきます。

政府が規制するものに投資しろ

これは単純な話で、既得権益や従来の常識を壊すものを政府は規制するからですね。

つまりすごいイノベーションの証明。

具体例を見ていきましょう。

まずは、Google。

いまでは当たり前に使うGoogleですが、登場してしばらくは批判に溢れていました。

例えば、GoogleMap。

マップ.png

コインチェックが入っているビルまで見えてしまいます。

今は当然かもしれませんが、登場直後は賛否両論ありましたね。

実際に中国ではGoogleは規制されています。

Google.png

そして、これがGoogle(Alphabet)の株価です。

好調なときの仮想通貨みたいですねw

Google株は2004年に85ドルが公募価格でした。

今は1,150ドルあたり。

1:2の株式分割をしているため、それを考慮すると2,300ドルとして、

27倍になっています。

次はFACEBOOK。

アラブの春と言われる、アラブ世界で起こった反政府運動は諸説ありますが、FACEBOOKにより群衆が反政府で結束したと言われています。

FACEBOOKも中国では使えません。

海外の情報が入ってきたり、アラブの春みたいなことが起こったら大変ですからね。

FB.png

こちらも右肩上がりですね。

2012年の公募価格は38ドル。

そして今は190ドルあたり。

5倍。

そして、毎月のように世界各国でいま規制しようとしているものは…?!

仮想通貨ですね。

なぜ規制しようとするのでしょう?

〇自国の富が仮想通貨で海外に流出してしまう。

〇通貨発行益が失われてしまう。

〇マネーロンダリング

などでしょう。

でも、ビットコインをはじめとする仮想通貨は凄いイノベーションを起こして新たな経済成長エンジンとも期待されています。

また、ビットコインは運営元がおらずプログラムで自動的に動くため、止めることができません。

そうなると、規制の噂で仮想通貨の値段は今後も一時的に下がることはありますが、長期的にみれば右肩上がりは続くでしょう。

ですので、金融緩和で高値で維持されているだけの株式より、今後も成長が確実な仮想通貨に投資することは理にかなっていると思います。

仮想通貨の中で、規制されそうもない通貨はどうなるかって?!

一時的に価格上昇しても、きっと歴史が示すように最後は駆逐されるのではないでしょうか。

では。

 ↓をクリックしていただくと励みになります(∩´∀`)∩
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

JPY(円)の忘れられている過去

こんにちは。音速のGOXこと半角のジョソレノソです。

少し前にJPY(円)がICOしたら???という記事を書いたのですが、予想外に読まれていて驚いています。

メディアでは円が暴落したり、ハイパーインフレや、預金封鎖などについてはあまり見る機会はないと思うのですが、潜在的に円は危険だと認識されているのでしょうか。

それとも、仮想通貨に興味があるみなさんは、じゃぶじゃぶ発行数を増やす仮想通貨が大暴落を起こしているのを経験しているので、本能的に理解が速いのでしょうか。

今回は円がやばい関連として、実際に円の価値がなくなったらどうなるのか、を記事にします。

みなさんのおじいさんやおばあさんから、「円の価値がなくなった」とか「国債は買ったらいかん!」とかの話は聞いたことあるでしょうか?

ジョソレノソは聞いたことがありません。

でも、友達の中にはジョソレノソが「円はいづれ無価値になる」とかいうと白い目をするのが99%ですがw、中には「そういえば死んだじいさんが国債が紙切れになったと言ってた。」とかいう人もいます。

本当にレアケースですが。

それがこの新聞記事です。

e96e7bfe

朝日新聞ですが、「けふから預金封鎖 解除は財産税徴収後」と物騒なことが書いていますね。

そして、月額300円とも書いてあります。

これは日本で1946年に実際に起こったことなんです。

物価が急上昇するハイパーインフレが起こり、札束を大量に持たないと卵や米すら買えないことが起こりました。

インフレ率は諸説ありますが一説には70倍とも言われています。

70倍というと1万円札が142円くらいのものしか買えなくなったということです。

まさに大暴落したNMR(ヌメライ)のようなJPY(円)w

お金の価値がなくなるとどうなるか

昔は仮想通貨もありませんし、ドルや地金に換えることも容易ではありません。

国民にできることといえば、日々、価値がなくなる円を米などの食料品やモノに換えることが防衛策だったのでしょう。

銀行に引き出しにいきます。

銀行はみなさんが預金している円を金庫には保管せずに、企業などに貸し出したり、運用していますから引き出すお金はありません。

ですので、国民みんなが預金をおろしにいくとあっという間に資金がなくなって、倒産してしまいます。

経済を循環させている銀行が潰れますと、さらに大変な状況になりますから、政府がとれる手といえば、「預金封鎖」。つまりお金をおろさせないことなんですね。

国民のお金なのにおろさせない。ひどすぎるw

そして、新聞記事にあった「月額300円」というのは世帯主は月に300円までしかおろせないという意味だったのです。

ちなみに世帯主以外の人は月に100円までだったようです。

平均収入が540円程度だったので、だいたい世帯主で12万円程度だけをおろせたので生活は大変だったと思います。

そして、預金封鎖をしたらハイパーインフレが止まるわけではありません。

封鎖されてる間にも、円の価値は無くなっていくので、1万円で買えるモノはどんどん少なくなります(>_<)

一方で日本政府が抱えた借金(国債)の価値も無価値になっていきます。

借金が無価値とは?!

つまり踏み倒しみたいなものです。

例えば100億円を払っても、円の価値が1000分の1になっていたら1千万円しか実質的には払わなくてよくなるということです。

日本政府得しましたね~w

つまり、まとめると国民の預金を無価値に近くして、日本政府の借金は踏み倒す。

これが、ハイパーインフレ&預金封鎖の荒業です。怖いですね~。

ちなみに、日本政府の借金はこれだけでは返せず、財産税も徴収したそうです。

国民が持っている不動産、預金などの財産に対して税を徴収する。

しかも最高税率は90%だったとか(>_<) 非常時になったらなんでもやっちゃいますねw

戦後、同じことが起きないように、無限に円と国債を発行できないように、赤字国債の発行は禁止され、円を管轄するのは政府から切り離され日銀の所管となりました。

しかし、赤字国債の発行はなし崩し的に恒例化し、政府と分離しているはずの日銀も政府の意向によって円を無制限に発行しています。

行きつく未来は一つしかありません。

今回は仮想通貨とは関係ない話に終わりましたが、仮想通貨でも同様の仕組みの通貨はいっぱいありますw

では。

↓をクリックしていただくと励みになります(∩´∀`)∩
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

日本仮想通貨取引所のスプレッド比較

こんにちは。音速のGOXこと半角のジョソレノソです。

 このツイートでまとめたように、日本の仮想通貨取引所に対して、顧客は疑問や不満を持っていると思います。

今回はここでまとめた問題を解消してもらい、日本の取引所が世界で真の意味で1番になれることを願って、記事を書きます。

題して、日本仮想通貨取引所のスプレッド比較!

さっそくいってみましょう~。

ビットフライヤー.png

まずは、現在、日本ナンバーワンのbitflyer!

ビットコインの購入価格878,377円

       売却価格851,932円

で、スプレッドは26,445円!

いや~、しょっぱなから凄いですね~w(何が)

買ってすぐ売るだけで、26,445円資産が減っちゃいますw

さ、次行きましょう~。zaif.png

NEMだ!COMSAだ!zaifトークンだ!のzaifです。

購入価格891,648円

売却価格850,674円

スプレッドは40,974円!

なんとbitflyerの2倍近いスプレッド!きました~w

これで勝つ人はいるのか?!w

さ、気を失わずに、次いきますよ~。

BTCBOX.png

知らない方も多いと思いますが、結構取扱量も多いBTCBOX!

MT.GOX破綻後にすぐに出来たので、実はジョソレノソはBTCBOXでビットコインをこつこつ買っていました~。

購入価格885,867円

売却価格866,431円

スプレッドは19,436円!

おっと、ここまでで一番スプレッドが小さい!

しかし、販売所形式じゃなく取引所形式だと思うのですが、意外とスプレッドが大きいですね~。

では、次~。

DMM.png

エロからミサイル(違)まで取り扱うDMMビットコイン!

購入価格883,323円

売却価格833,323円

スプレッドは50,000円!

きっかり5万円!いさぎいいw

でも、どうなんでしょ。ローラの契約料は高いのか?!

GMO.png

レバレッジのルール変更自由自在wのGMOコイン!

購入価格855,873円

売却価格830,873円

スプレッドは25,000円!

DMMビットコインの50,000円のちょうど半分w

きりはいいが思い切りが悪い気がするw

ビットバンク.png

最後はセキュリティ最高(ツイッター調べw)との噂のビットバンク!

取引所形式なのでスプレッドは不明!

販売所形式がないのは好感が持てますね~。

なぜこれで影が薄いんだ?!w

 

というわけで、愛情込めて、スプレッドをみていきました。

スプレッド順に並べてみます。

1位 DMMビットコイン 50,000円

2位 zaif       40,974円

3位 bitflyer       26,455円

4位 GMOコイン    25,000円

5位 BTCBOX      19,436円

ランク外 ビットバンク

 

もちろん、顧客に優しいのはビットバンクですね!w

スプレッドが小さくなることを願ってます~。

では。

 
↓をクリックしていただくと励みになります(∩´∀`)∩
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング
 

広告