ビットコインはイナゴタワーだったのか?!

こんにちは。音速のGOXこと半角のジョソレノソです。

ビットコインの下落がいまだ止まらず、界隈では「80万円が底だ!」、「いや、30万円だ!」など様々な予想が飛び交っています。

チャートを見てみましょう。BTCUSDあ.png

2月5日22時30分現在で天井から61%下落しています。

どこまでも落ちそうに見えますね(>_<) 関心の高い記事でしたが、ビットコイン暴落の歴史に学ぶでは、ビットコインは過去には30~40%前後の下落後も不死鳥のごとく蘇り、下落の数倍も上昇したことを振り返りました。

今回はポジティブなデータではなく、ネガティブなデータをみて分析したいと思います。

テーマは「イナゴタワー」です。

「イナゴタワー」とは、上昇していく通貨をイナゴがタワーを作るように、急上昇し、一転、天井から地上まで下落していく様を言います。

さきほどのビットコインのチャートをみるとまさに「イナゴタワー」に見えませんか!?(´・ω・)

今回の記事は「イナゴタワー」だったと仮定して、どうなるのかを他のイナゴタワーの例をみて予想していきます。

イナゴタワーというと、最近ではXVGが記憶に新しいですね。

でも、まだイナゴタワーがビットコインと同時並行で崩れていると思われるので、XVGは参考にできません。

まずはモナコインで見ていきます。

mona.png

モナコインは2017年に2回イナゴタワーを作っています。

10月に1回目、11月から12月初めに2回目です。

2回目は現在下落途中なので参考外とします。

1回目のイナゴタワーのチャートが次です。

mona2.png

非常にローソク足が細いですが、これぞまさにイナゴタワーでしたね。

暴騰前が0.47ドル

最高値が6.10ドル(1300%の上昇)

下落後が2.27ドル(63%の下落)

ジョソレノソも大きく儲かりましたが、最高値では売り抜けることができませんでした(>_<) とにかく一瞬で下落しましたね。

モナコインの場合は幸い、その後、1か月程度で再度の上昇をすることになります。

2回目の上昇は24ドルまで上がりましたので、0.47ドルからは5100%の上昇でした(`・ω・´)ゞ

これはパターン1(モナパターン)としましょう。

果たして、ビットコインはこれなのか?!

次にリップル(XRP)をみていきましょう。

XRPの特徴は沼り続けて、突然、急上昇して、一瞬で下落する通貨です。

非常にピークが短いという特徴があります。

2017年12月の上昇後の下落はまだ途上のようですので、今回見ていくのは2017年5月とします。

XRPUSDT.png

USDではチャートが5月以前は出ない関係で、XRPUSDTチャートにしています。

凄い下落のイメージがあるのですが、BTC建のイメージが強く、実はFIAT建ではある程度のところで留まっています。

天井からの下落は68.3%にも及びました(>_<)

その後、ヨコヨコを続け、半年間待つことになります。

これが、イナゴタワー後のパターン2(XRPパターン)です。

NEMも似た傾向を持ちます。

もっと見ていきたいのですが、ガラは気が滅入るので2パターンにしますw

まとめると(2つなのでまとめるほどじゃないですがw)、

モナの1回目のイナゴタワーは63%の下落、1か月後に5,100%の暴騰

XRPの2017年5月のイナゴタワーは68.3%の下落、半年間ヨコヨコ

でした。

そして、ビットコインはいま61%の下落

モナの63%下落、XRPの68.3%の下落に迫っています。

ということは…?!

モナのようにすぐに上昇を開始するか、XRPのようにヨコヨコになるかはわかりません。

あなたはどちらだと予想しますか?

では。

↓をクリックしていただくと励みになります(∩´∀`)∩
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

現在のポジション(2018年1月27日)

 

 

こんにちは。音速のGOX(2冠)こと半角のジョソレノソです。

今回はジョソレノソの現在のポジションを公開します~(‘ω’)ノ

楽しみ方はそれぞれ。

あまりお勧めはしません(購入価格、資産額が違うため)が、トレードの参考にするもよし、下落して損したときに笑うもよし(>_<)です。 少額のポジションは除いて、現在は7通貨を保有しています。

1 BTC(ビットコイン)

ダウンロード

説明不要の仮想通貨の基軸通貨です。

ジョソレノソは2014年にMTGOXで最初に買った(そしてすぐGOX(>_<))仮想通貨ですから愛着もあります。 でも、愛着があっても、下落しそうであれば叩き売るのがジョソレノソです(#^.^#) とはいえ、やはり仮想通貨トレーダーはほとんどの方が持っているのではないでしょうか。 ダウンロード.png

BTCUSD1日足をみても、長い調整が終わり、そろそろ上昇を開始しそうです。

 

2 BCH(ビットコインキャッシュ)

366

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインからハードフォークして生まれました。

まだ6か月しか経ってない通貨なんですが、存在感ありますね。

チャートの傾向としては、大部分がビットコインに対して下落を続けるんですが、ある日突然、暴騰する癖があります。

ですから、上がり始めてから買うのは難しい通貨なので、ずっと保有し、ハードウェアウォレットにしまっています。

楽しみがあるとすれば、サトシナカモトか?と一部で言われたクレイグ・ライトが2018年にビットコインキャッシュに大きな出来事がある、とツイートしていることです。

https://twitter.com/ProfFaustus/status/950363931847118848

1月は今日入れて残り4日。

なにかビッグニュースがあるのでしょうか?!

ダウンロード (1)

BCHUSD1日足チャートで、こちらも底堅くみえ、そろそろ上昇しそうです。

3 ETH(イーサリアム)

e5cc01fe.png

ジョソレノソはイーサリアムも大好きです。

イーサリアムが2017年5~6月にかけて暴騰したので、資金を大幅に増やせました(#^.^#)

ビットコインやビットコインキャッシュが通貨なのに対して、イーサリアムはスマートコントラストとして、ワールドコンピューターを目指しています。

数年後、生活をかけそうですね~。

ダウンロード (2).png

ETHUSD1日足チャートでは、ビットコインやビットコインキャッシュ以上に強そうです。

アルトは弱い相場だと思いますが、ETHは別に見えます。

4 GBYTE(byteball/バイトボール)

b103.jpg

バイトボールは聞きなれない方もいるのではないでしょうか。

ビットフライヤーやzaifの日本取引所でも取り扱ってない通貨なので、身近ではないかと思います。

ビットコインなどのブロックチェーンといわれる仕組みに対して、バイトボールはDAGというブロックチェーンとは違う仕組みを用いています。

送金スピードも速いといわれるXRP(リップル)にも劣らないくらい早いですし、イーサリアムのようにプラットフォームとして機能するという話もあるようです。

まだ検証が必要ですが、ブロックチェーンを超える可能性もあるかもしれませんね。

購入は、BITTREX、cryptopia、criptobridgeなどの海外の仮想通貨取引所でできます。

ダウンロード (3)

GBYTEUSD1日足をみると、長らく大きな下落に見舞われたバイトボールですが、2017年12月から上昇に転じ、まだ上がりそうに見えます。

ジョソレノソは3万円前後で買ったので、しばらくホードルするつもりです。

5 ALIS(アリス)

アリス06

ALISは国産のプロジェクトです。

海外でSTEEM(スティーム)という通貨の国産版ですね。

ブログは通常、広告が表示されますが、STEEMは広告に頼らずに、いいね!をよくもらった記事に対して収益が還元されるモデルです。

STEEMで実際にブログ収益をもらったときに、STEEMは仮想通貨時価総額のランク下位から一気に時価総額ベスト10に数十倍に高騰したようにALISも大化けと期待しています。

ジョソレノソはALISを2017年10月に買って1か月で2倍にし、そこでまた43円くらいで買っていますので、かなりポジションは膨らんでいます。

現在90円前後ですが、いまでもまだ安いのではないでしょうか。

ALISも日本取引所では取り扱ってないですが、国産プロジェクトなので日本取引所に上場されたら、MONA(モナ)みたいにMOONするかもしれませんね。

そして、2018年4月にALISのプロダクトのベータ版が出る予定です。

これがうまく機能すれば、早くもMOONかも。。。

ALISはcryptopia、coin exchangeなどで購入できます。

6 BCO(crypto bridge)

maxresdefault.jpg

BCOは非中央集権型取引所(DEX)のcrypto bridgeのトークンです。

ステーキングしていれば、この取引所が儲けた収益が配当されるトークンですね。

コインチェックのハッキング事件が記憶に新しいですが、ブロックチェーンで運営されているので、ハッキングの可能性が低いといわれています。

とはいえ、ジョソレノソはハッキングされる恐れはあると思ってますので、安心しないようにしましょう。

コインチェックのハッキングのような事件が今後も起こると思いますので、DEXはこれから伸びていくのではないでしょうか。

BCOはcryptobridgeで購入できます。

7 EDT(EtherDelta)

etherdelta.png

EDTは、BCOと同じくDEXのEtherDeltaのトークンです。

先日、ICOが終わったばかりですね。

ジョソレノソはBCOとEDTを保有しているように、DEXが2019年、2020年頃に既存の取引所を上回ると予測して、仕込んでいます(‘ω’)ノ

どうなりますかね。

では~。

 ↓をクリックしていただくと励みになります(∩´∀`)∩
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング