広告

CCから出金された401億円の行方は?!

こんにちは。音速のGOXこと半角のジョソレノソです。

2018年2月13日にコインチェックが日本円の出金を開始しました。

報道によれば401億円が出金されました。

引き続き仮想通貨の取引と入出金はできませんが、ビットコインの売買と日本円の入出金ができるようになったということになります。

ビットコインの売買はできますので、取り急ぎ、コインチェックから出金したい方は既にビットコインから円に換えて出金したと思われますので、売り圧力はほぼなくなったと言えるでしょう。

また、仮想通貨の取引と出金が再開されたとしても、含み損を抱えている方が多数であり、相場が回復基調なため、それほどの売り圧力はなく、むしろ取引再開によるポジティブなニュースと捉えられる可能性が高いと思います。

さて、コインチェックから出金された401億円という巨額のお金はどこに向かうのでしょう。

  1. 銀行に出金され仮想通貨には戻らない。

  2. 日本の仮想通貨取引所に入金され仮想通貨に換えられる(コインチェック顧客はアルトコイン好きなので特にアルトへ向かう。)

  3. ハッキングから今までの時間で取引所のスプレッド等を勉強した一部の方は草コイン取引に向かう。

この3つでしょうか。

1の仮想通貨には戻らない資金は一部だと思います。

ハッキングされて仮想通貨が大幅下落した当時はもうこりごりと思った方もいるでしょうが、人間は喉元過ぎれば熱さを忘れるとやらで、また回復基調に乗りたいと思うのが大部分でしょう。

残るはアルトへ向かう2と草コインに向かう3。

ここの割合はわかりませんが、アルトが9割、草コインが1割くらいだと仮定したら、アルトに360億円、草コインに40億円もの巨額な資金が流れ込みます。

ただアルトは2017年夏から12月に起こったようなビットコインに吸われる展開もあり得るため注意しましょう。

何も考えずに10倍にする草コイン投資法を数日までにブログで紹介しました。

BTCBCHドミナンスが40%前後で2017年5月のアルトバブルが崩壊したドミナンス37%に近いことは心配ですが、10倍にした資産の一部を、草コインに投資してみようと思います。

リスクはありますがリターンも大きそうです。

アルトではなく、草コインに投資する理由は時価総額が小さいのでコインチェックからの資金が流れ込むと上がる可能性が高いと思ったためです。

一方、アルトは2017年12月のアルトバブルの調整による下落と相殺される可能性があります。

ジョソレノソが投資したのは2つの取引所です。

何も考えずに10倍にする草コイン投資法で使ったcoin exchangeです。草コイン取引所の四天王ですね。

DOGE0217

理由は草コインの基軸通貨のDOGECOINがすでに上がっているからです。

DOGECOINで買える安い草コインが買えるのはやはりcoin exchangeです!

コインチェック出金の13日を先回りして、仕込んでいた人がいるのかもしれませんね。

ジョソレノソがDOGECOINで買える草コインを仕込んだ銘柄はSPRTS、PCN、TIPS、MOON、1337、ERA、KAYI、ZEIT、CRMSN、SMARTです。

いづれもどんなコインかは知りませんw

coin exchangeの口座開設はこちら→coin exchange

そして、もう一つの取引所はzaifです。

狙いはzaifトークン。

無価値のトークンwとも呼ばれる草コインキングですねw

ついでに、XCPとPEPECACH。

zaifトークンだけでは流動性が乏しく、購入しきれなかったためです。

ircUsOMh.png

zaifトークンチャートです。

PEPE.png

PEPECACHチャートです。

どちらも上がってきてますね。XCPも上がっています。

偶然にもzaifのCMも始まりました。

zaif-cm-goriki-eye

さあ、どうなるでょうか。

zaifの口座開設はこちら→zaif

では。

↓をクリックしていただくと励みになります(∩´∀`)∩
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

 

 

 

広告

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。