広告

政府に規制されるものを買え

こんにちは。音速のGOXこと半角のジョソレノソです。

今回はこのツイートを詳しく記事にしていきます。

政府が規制するものに投資しろ

これは単純な話で、既得権益や従来の常識を壊すものを政府は規制するからですね。

つまりすごいイノベーションの証明。

具体例を見ていきましょう。

まずは、Google。

いまでは当たり前に使うGoogleですが、登場してしばらくは批判に溢れていました。

例えば、GoogleMap。

マップ.png

コインチェックが入っているビルまで見えてしまいます。

今は当然かもしれませんが、登場直後は賛否両論ありましたね。

実際に中国ではGoogleは規制されています。

Google.png

そして、これがGoogle(Alphabet)の株価です。

好調なときの仮想通貨みたいですねw

Google株は2004年に85ドルが公募価格でした。

今は1,150ドルあたり。

1:2の株式分割をしているため、それを考慮すると2,300ドルとして、

27倍になっています。

次はFACEBOOK。

アラブの春と言われる、アラブ世界で起こった反政府運動は諸説ありますが、FACEBOOKにより群衆が反政府で結束したと言われています。

FACEBOOKも中国では使えません。

海外の情報が入ってきたり、アラブの春みたいなことが起こったら大変ですからね。

FB.png

こちらも右肩上がりですね。

2012年の公募価格は38ドル。

そして今は190ドルあたり。

5倍。

そして、毎月のように世界各国でいま規制しようとしているものは…?!

仮想通貨ですね。

なぜ規制しようとするのでしょう?

〇自国の富が仮想通貨で海外に流出してしまう。

〇通貨発行益が失われてしまう。

〇マネーロンダリング

などでしょう。

でも、ビットコインをはじめとする仮想通貨は凄いイノベーションを起こして新たな経済成長エンジンとも期待されています。

また、ビットコインは運営元がおらずプログラムで自動的に動くため、止めることができません。

そうなると、規制の噂で仮想通貨の値段は今後も一時的に下がることはありますが、長期的にみれば右肩上がりは続くでしょう。

ですので、金融緩和で高値で維持されているだけの株式より、今後も成長が確実な仮想通貨に投資することは理にかなっていると思います。

仮想通貨の中で、規制されそうもない通貨はどうなるかって?!

一時的に価格上昇しても、きっと歴史が示すように最後は駆逐されるのではないでしょうか。

では。

 ↓をクリックしていただくと励みになります(∩´∀`)∩
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


仮想通貨ランキング

広告

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。